« | »

2011.05.19

グランプリボスが英遠征

6/14に英アスコット競馬場で行われるセントジェームズパレスS(G1、芝1マイル)へ出走するグランプリボスが、栗東トレセンの検疫厩舎に入厩。5/27に出国する予定。(JRA


セントジェームズパレスSは、イギリス王室が主催するロイヤルアスコット開催の初日に行われる、3歳マイル王決定戦。歴代の勝ち馬にはRock of GibraltarやKris、Giant’s Causewayなど、快速名馬がずらりと並ぶ。昨年の勝ち馬は今もマイルG1で連勝を続けるCanford Cliffs。

グランプリボスは父サクラバクシンオー、母の父サンデーサイレンス。血統表は日米の血で埋まっており、イギリスのG1でどうなんだろうという気はするものの、切れる脚もあるので、期待したいところ。

ちなみにロイヤルアスコットには厳しいドレスコードがあって、

Gentlemen are required to wear either black or grey morning dress, including a waistcoat, with a top hat. A gentleman may remove his top hat within a restaurant, a private box, a private club or that facility’s terrace, balcony or garden. Hats may also be removed within any enclosed external seating area within the Royal Enclosure Garden.

Royal Enclosureと呼ばれるエリアで観戦するには、男性は黒かグレーのモーニングに、ハット、チョッキが必要だそうだ。(もっともそれ以前に会員の招待がないと入れないらしいが)

普通の人でも入れるグランドスタンドも

Gentlemen in the Grandstand Admission area must wear a shirt and tie, preferably with a suit or jacket. Sports attire, jeans and shorts are strictly forbidden.

ということで、タイ必須、スーツか上着が望ましいと。ジーンズではダメらしい。