« | »

2011.05.15

ヴィクトリアマイル 《G1レース回顧と馬券結果》

ヴィクトリアマイルの回顧と馬券結果。なんか今年のG1堅すぎない?


回顧前に1つ。

フェブラリーS(1、3番人気) 馬連 12-13 1,100円
高松宮記念(3、4番人気) 馬連 4-8 2,370円
桜花賞(2、1番人気) 馬連 8-16 620円
皐月賞(4、1番人気) 馬連 4-12 1,260円
天皇賞(春)(7、3番人気) 馬連 2-15 6,810円
NHKマイル(1、2番人気) 馬連 13-17 1,170円
ヴィクトリアマイル(2、1番人気) 馬連 13-16 230円

と、7つのG1が行われたわけだけど、そのうち3つは1、2番人気で決着。その他のレースも2つは1番人気が連に絡んでいる。荒れたと言えるのは高松宮記念と天皇賞(春)くらいか。堅すぎかと思ったけど、そうでもないのか。それにしても上位人気馬ばかりで、ほとんど4番人気までで決着しているのだから、穴党の出番が無いよね。

ヴィクトリアマイル。良馬場。逃げたのはオウケンサクラ。3ハロン33.5秒、4ハロン44.6秒でハイペースだったが、後方を離していたので、メイン集団はちょい速いくらいの流れ。直線、早々にオウケンサクラは吸収。先行集団から3番人気レディアルバローザが上がっていくところ、外目を通って2番人気アパパネが伸びてきて先頭。さらに外から1番人気ブエナビスタが追い込んできたものの、馬体を併せるところまでは届かず、アパパネが勝利を手にした。

勝ったアパパネは5つめのG1、Jpn1勝利。テレビでパドックを見た感じだと、ちょっと緩く見えたのだが、馬体重自体は増減無しだったので、仕上がっていたのだろう。道中は中団後方から。直線ではブエナビスタよりも先に仕掛けて、最後までしっかりと伸びた。予想でも書いたが、叩き2戦目、そしてG1での勝負強さは特筆もので、この強さであれば牡馬と混じっても良い結果を期待できそうに思う。安田記念に進むのか宝塚記念か分からないけど、軽視は禁物。

2着に敗れたブエナビスタ。おそらく本調子にはほど遠い出来だったと思われるが、最後はいつものように伸びてきた。2着は確保したものの、突き抜けるまでいかなかったのは、調子の問題もあるのではないかと思う。海外遠征もあったし、宝塚記念には向かわずに休養した方がいいように思えるね。秋にはまた素晴らしい走りを見せて欲しい。

俺の本命4番人気アニメイトバイオ7着。スタート立ち後れ。後方から。直線は最後だけ差を詰めてきたが、後の祭り。せめて五分に出ていてくれれば、最後はそれなりに伸びていたのでもうちょっと違う勝負になったと思うんだけどね。それにしても先週も本命馬が出遅れて、今週もとなると、かなりガックリだ。参った。

堅い決着で、馬券的な面白みはなかったものの、名牝2頭のゴール前での争いは見応えある勝負だった。もうちょっとペースが落ち着くと読んでいたけど、オウケンサクラが果敢に行ってくれたので、締まった良いレースになったと思う。