« | »

2011.05.14

ヴィクトリアマイル 《G1レース予想》

今日は東京競馬場へ。2月以来だから、それほど久しぶりというわけではない。ただ、あの震災の後ということを考えると、こうして競馬場で競馬を楽しむことができるというのは感慨深いものがある。

ヴィクトリアマイルの予想。


ブエナビスタの前日単勝オッズは1.5倍。圧倒的だ。実力的には断然であることは間違いない。では他の馬が付けいる隙がないかといえば、そうでも無いように思える。昨年はドバイシーマクラシック(2着)からの参戦で1着。今年はドバイWC(8着)から。ドバイでの走りは昨年と比べようもない凡走。もっとも本調子になくても、勝つ確率は高いだろう。それでも、調子への疑問、騎手の乗り替わり、本命から評価を落とすには絶好の機会だ。とはいえ、2着を外すことは考えづらく、対抗評価で。

本命はアニメイトバイオで。単勝前日4番人気。だがオッズは23.7倍と上位とは離れた人気。好きな馬なのでたびたび本命にしているけど、今回はそれを置いても勝機はあると見る。3歳時はクラシックからエリザベス女王杯まで元気に走り続け、それなりな結果を残してきたが、数字以上に馬体が寂しく見えた。今回は調教後の体重が485kgと、大幅に増えているようで、疲労の回復とパワーアップが見込まれる。鉄砲も効くタイプで、ここは大きなチャンスと見る。ペースは落ち着くだろうから、あまり後ろ過ぎない位置取りを願いたい。

三冠牝馬アパパネはエリザベス女王杯3着、今年緒戦のマイラーズC4着と、古馬相手にまだ勝利を挙げていない。休み明けでも体重が増えていなかったことから、あまり成長はしていない可能性もある。ただし、叩き2戦目、G1での勝負強さは折り紙付きで、ここでも激走の可能性があるだろう。

以下、逃げるであろう△ブラボーデイジー、前日3番人気△レディアルバローザあたり。
堅く決まりそうな気がするけど、本命から手広く。