« | »

2011.04.24

皐月賞 《G1レース回顧と馬券結果》

皐月賞の回顧と馬券結果。


あれ? 予想的には結構良い線いってたんだけど、馬券が当たってないな。○-▲は買っとかないとね。実は上の他にも3連単を買っていたものの、3着が無かったのでハズれと。後で書くWIN5も含めて、こりゃ支出が尋常じゃないね。

エイシンオスマンが逃げて、1000m60.3秒。テレビ中継ではスローといっていたが、最終的な走破タイムは2:00.6なので、ちょうど半分。昨日までの雨もあったし、平均くらいというところだろう。ただ、かなり離して逃げていたので、後方集団はいつものスローペースだ。
直線、馬群の内を突き抜けた4番人気オルフェーヴルが素晴らしい加速を見せ一瞬で後続を突き放して、そのまま快勝。3馬身差の2着には1番人気サダムパテック。3着8番人気ダノンバラード。
オルフェーブルの強さはまさに圧巻。スプリングSが非常に強い内容だったので、ここも十分にあるとは思っていたけど、それにしても抜け出す時の脚は次元が違った。ドリームジャーニーの全弟という良血馬。距離の問題はないだろうから、このままダービーでも中心となる馬だ。
2着に敗れたサダムパテック。五分のスタート。中団を進み、良い形で直線を向いたものの、最後は力の違いを見せつけられた形だ。道中ちょっとスムーズさを欠いていたように見えただけに、気性の成長が今後の活躍の鍵になるだろう。
俺の本命2番人気ナカヤマナイト5着。中団から。直線は外目から追い込んだが5着まで。体は絞れていたが、間隔が開いたことが影響したのかもしれない。

震災の影響によるトライアルの混乱、本命不在ムードのまま、東京で行われた皐月賞。終わってみればトライアル組がワンツーと、力を出し切った結果になったんではないだろうか。同じ東京コースということで、ダービーにも直結する可能性は高いと思う。