Warning: session_start(): Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-config.php:1) in /home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-content/plugins/wordsocial/wso_config.php on line 18

Warning: session_start(): Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-config.php:1) in /home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-content/plugins/wordsocial/wso_config.php on line 18
ヴィクトワールピサがドバイWC制覇 ドバイWCデー諸競走結果 | 競馬ファンネット

« | »

2011.03.27

ヴィクトワールピサがドバイWC制覇 ドバイWCデー諸競走結果

3/26にアラブ首長国連邦、ドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドカップデー諸競走の結果。

ドバイワールドC(G1、AW2000m)。藤田騎乗のトランセンドが果敢に先行。デムーロ騎乗のヴィクトワールピサはスタート今ひとつだったが、外を回って道中先頭まで並び、そのまま直線へ。直線は追い比べ。ヴィクトワールピサが先頭に立ち、内からトランセンドが盛り返し、英のMonterossoなども突っ込んでくるが、ヴィクトワールピサがそのまま押し切って勝利。2着もトランセンドが確保して、日本馬のワンツーフィニッシュ。
ヴィクトワールピサは、かかって上がっていったのか、それとも早めに仕掛けたのか(ストリームが鮮明でなかったので)よく分からないが、とにかく最後まで素晴らしい粘りを見せた。デムーロも「アンビリーバブル」と言いながら泣いていたが、本当に信じられない快挙だ。ドバイで君が代を聞くことができるとは思いもよらなかった。
2着のトランセンドも素晴らしいレースを見せた。AWということで、日本国内でも疑問視されていた向きはあるが、最後の伸び返した脚は驚くべき勝負根性の賜物だろう。
ブエナビスタは後方から。おそらく8着くらいか。

他のドバイWC諸競走の結果は以下の通り。

UAEダービー(G2、AW1900m)は、UAEのKhawlahが勝った。日本から参戦したレーザーバレットは9着に敗れた。
ドバイゴールデンシャヒーン(G1、AW1200m)は、オーストラリアのRocket Manが勝った。2着は米のEuroears。
ドバイデューティフリー(G1、芝1800m)は、英のPresvisが勝った。2着は南アフリカのRiver Jetez。
ドバイシーマクラシック(G1、芝2410m))は、英のRewildingが勝った。日本から参戦のルーラーシップは、大いにかかり、道中先頭に立って、最後の直線も頑張ったが6着。