« | »

2011.02.20

フェブラリーS 《G1レース回顧と馬券結果》

フェブラリーSの回顧と馬券結果。


フェブラリーS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 12 トランセンド 牡5 57.0 藤田伸二 1:36.4 36.3 514 +2 1
2 13 フリオーソ 牡7 57.0 デムーロ 1:36.6 1 1/2 35.7 506 -1 3
3 5 バーディバーディ 牡4 57.0 池添謙一 1:36.6 クビ 36.0 488 +6 4
4 7 ダノンカモン 牡5 57.0 リスポリ 1:36.8 1 1/4 36.1 526 0 5
5 16 マチカネニホンバレ 牡6 57.0 クラストゥス 1:36.9 クビ 36.8 538 -10 7

◎12トランセンド 1番人気 1着
○13フリオーソ 3番人気 2着
▲14セイクリムズン 2番人気 14着
△2コスモファントム 9番人気 16着
△7ダノンカモン 5番人気 4着

ちょっと手こずりながらもトランセンドが先行。並ぶようにマチカネニホンバレ。3ハロン35.7秒、4ハロン47.9秒。若干水を含んでいたが、それほど時計が出ない馬場ということらしいので、平均ペースくらいか。ホントかね?
直線、逃げたトランセンドが抜け出しにかかり、ジリジリと後続を突き放して、そのまま快勝。1番人気に応えた。2着に後方から飛んできた3番人気フリオーソ。3着4番人気バーディバーディ。
馬券はトランセンドの単勝12番が350円を3000円、フリオーソの複勝13番で220円が500円的中。
トランセンドは昨年のJCダートに続き、G1を連勝。予想で書いた展開とはちょっと違ったけど、それでもマチカネニホンバレは競り掛けたわけではなく、並んでいただけなので、楽な逃げだった。勝ちタイムも平凡で、メンバーに恵まれたというところもあるだろう。スタートを見る限りはやはり芝スタートが得意というわけはないようで、そういう意味では、それを乗り越えての勝利には価値があるね。
2着のフリオーソの走りには感動した。案の定スタート後の芝でスピードが乗らず後方から。予想通り。これで惨敗かと思いきや、最後の直線でグングン追い上げて、2着。今まで見たことのない素晴らしい差し脚で、かなり驚いたね。スタートからちゃんと芝なら、もっと好勝負できたんじゃないかと思えるほどの、良いレースだった。もっとも最初からダートなら先行してるわけで、たらればには意味ないな。
3着のバーディバーディは中団前目から直線上手く抜け出したものの、意外に伸びきれず3着まで。
2番人気セイクリムズン14着。先行したが、どうにもちぐはぐな競馬だった。幸君はもうちょっと頑張った方が良いね。

さて、このおかしな東京ダート1600mの話だが、以前から指摘されているにも関わらず、いっこうに改善される気配はない。実際、このままなら、「ダート1600m」ではなくて、「芝100m+ダート1500m」というのが正しい表記となる。1600m走って、最後の0.何秒を争うのだ。この芝100mの違いは大きい。こうした特殊なコースはレースに適さないものだし、ギャンブルとしても問題があるだろう。