« | »

2011.02.13

京都記念、共同通信杯 《重賞レース回顧》

京都記念と共同通信杯の回顧。


京都記念

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 2 トゥザグローリー 牡4 56.0 リスポリ 2:13.9 34.5 532 +8 1
2 5 メイショウベルーガ 牝6 56.0 池添謙一 2:14.0 3/4 34.4 514 +6 5
3 12 ヒルノダムール 牡4 56.0 藤田伸二 2:14.2 1 34.7 476 +2 2
4 4 ダノンシャンティ 牡4 58.0 安藤勝己 2:14.4 1 1/2 34.6 480 -2 3
5 6 ロードオブザリング 牡4 56.0 四位洋文 2:14.4 アタマ 34.5 510 -6 7

セラフィックロンプの逃げ。1000m61.8秒のスローペース。固まって直線へ。横一線の外側を回して、1番人気トゥザグローリーが伸びて快勝。2着に追い込んだ5番人気メイショウベルーガ。3着に2番人気ヒルノダムール。
トゥザグローリーは重賞2勝目。直線で前が壁になったが外に持ち出しての勝利。さすがは有馬記念3着馬というところか。斤量も56.0kgと恵まれた感もあるが、もはや中長距離戦線の主役の1頭といっていいだろう。
2着のメイショウベルーガは最後よく伸びたが、届かず。混合のG1ではちょっと足りないと思うが、牝馬戦線ならG1の目もあるかもしれない。
ヒルノダムールは3着。ジリジリとは来ているんだけど、伸びきれない。こういう馬なのだろう。G1でも2、3着はあるだろうから、要注意であることは変わらない。
3番人気ダノンシャンティ4着。前半かかって、最後だけ追い込んだ。スローペースではどうにもならない気性の荒さがあるだけに、マイル辺りのほうがまだ良いのかもしれない。
昨年の菊花賞馬ビッグウィーク6番人気6着。+18kg。この馬から買ってたんだけどな。1回叩いてからだね。もうちょっと先行したいところ。
4番人気オウケンブルースリ7着。もう3、4歳のころのような強さは戻らないのか。

共同通信杯

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 2 ナカヤマナイト 牡3 56.0 柴田善臣 1:48.5 33.8 466 +6 3
2 6 ユニバーサルバンク 牡3 56.0 ベリー 1:48.5 クビ 34.3 464 -8 6
3 13 ディープサウンド 牡3 56.0 蛯名正義 1:48.7 1 1/4 34.6 482 0 5
4 12 ベルシャザール 牡3 56.0 デムーロ 1:48.8 1/2 34.3 540 +4 2
5 4 ダブルオーセブン 牡3 56.0 戸崎圭太 1:48.8 ハナ 33.7 482 -9 11

芝は良に回復。ディープサウンド、タツミリュウが逃げて、1000m61.6秒。スローペース。直線、内を突いて3番人気ナカヤマナイトが接戦を制した。2着に先行した6番人気ユニバーサルバンク。3着逃げた5番人気ディープサウンド。
勝ったナカヤマナイトは重賞初勝利。父ステイゴールドの面影がかぶるような詰めの甘さがある馬だが、今日は上手い騎乗もあって、良い内容だった。道中中団から。最内を突いての差し切り勝ち。サトノオーのように外を回していれば届かなかっただろう。すでに7戦目ということで、このまま皐月賞に直行じゃないかと思うが、ダービーあたりで狙ってみたい馬だ。
2着のユニバーサルバンクはよく粘った。この馬も詰めの甘いタイプに見えるが、こうしてスローな競馬では馬券に絡んでくるね。
1番人気ダノンバラード9着。後方から。まったくいいところなし。ペースも遅かったけど、それにしても伸びなかった。次走を見てみないと何とも言えないところだが、人気先行過ぎたのかもしれない。
4番人気サトノオー6着。勝った馬とほとんど同じ位置取り。勝ち馬は内を突き、この馬は大外を回して届かず6着。単純に騎手の差だったと思う。横山典は後ろから行くと、全然良いところがないな。