« | »

2011.01.29

シルクロードS 《重賞レース回顧》

シルクロードSの回顧。


極寒の東京競馬場へ。馬券は散々だったけど、シルクロードSでのジョーカプチーノの素晴らしい走りが見れて満足。とはいってもシルクロードSは京都競馬場だから、家で見てても同じだったけどな。

シルクロードS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 9 ジョーカプチーノ 牡5 58.0 藤岡康太 1:08.2 32.6 532 +10 1
2 6 アーバニティ 牡7 57.0 四位洋文 1:08.3 1/2 32.6 506 -6 14
3 7 モルトグランデ 牡7 56.0 田辺裕信 1:08.4 3/4 33.1 490 +10 4
4 2 セイコーライコウ 牡4 54.0 柴田善臣 1:08.5 1/2 33.0 490 0 6
5 8 シンボリグラン 牡9 56.0 リスポリ 1:08.6 クビ 33.5 550 +4 12

1番人気のジョーカプチーノが立ち後れてスタンド騒然。おれも正直終わったと思った。ティファニーケイスの逃げ。3ハロン34.8秒、4ハロン45.9秒のちょっと遅めのペースで直線へ。内で先行勢が粘るところ、直線半ば、後方勢が外から強襲。ジョーカプチーノが末脚をのばして、連れて上がってきた14番人気アーバニティを半馬身抑えて快勝。3着4番人気モルトグランデ。
ジョーカプチーノは前走のオープンに続き連勝。重賞は3勝目。逃げの印象が強いので、後方からの素晴らしい追い込みにビックリしたけど、3歳時のファルコンSでも追い込んで勝っている。それにしても上がり3ハロン32.6秒はなかなかでるものではなく、故障してないと良いなと願うばかり。この調子なら少なくとも高松宮記念は堅いだろうし、調子の維持は難しいけど、安田記念もかなり期待できそうだ。