« | »

2011.01.16

日経新春杯 《重賞レース回顧》

日経新春杯のレース回顧。


しばらくG1以外の回顧をしてないけど、注目レースは回顧しとかないとな。

日経新春杯

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 8 ルーラーシップ 牡4 56.5 リスポリ 2:24.6 34.4 496 +4 2
2 11 ヒルノダムール 牡4 56.0 藤田伸二 2:24.9 2 34.4 474 0 3
3 5 ローズキングダム 牡4 58.0 武豊 2:24.9 ハナ 34.3 468 +6 1
4 2 ナムラクレセント 牡6 57.0 和田竜二 2:25.1 1 34.8 506 +4 7
5 10 ホワイトピルグリム 牡6 56.0 福永祐一 2:25.9 5 35.0 468 +10 11

ビートブラックの逃げ。1000m60.1秒。遅くはないが、実際のところ、600~1600mが64.0秒なので、先行馬でも十分息が入るペース。3、4角で有力各馬が動いて直線へ。早めに動いた2番人気ルーラーシップがまくるように先頭に立って、追いすがる3番人気ヒルノダムールを引き離して、2馬身差の快勝。1番人気ローズキングダムは内を突いて追い込んだものの、時すでに遅し。ヒルノダムールとハナ差の3着。
勝ったルーラーシップは鳴尾記念に続く重賞2勝目。ダービー、有馬記念が今ひとつ伸びきれなかっただけに、距離的な限界があるのかと思っていたけど、今日は完璧な競馬だった。前述の通り、道中ペースが緩んだのも良かったのだと思う。厳しいローテーションで来ているので、この後は休養だと思われるが、宝塚記念辺りではかなり有力な存在になるだろう。
2着のヒルノダムールは、ローズキングダムより2kg、ルーラーシップより0.5kg軽い斤量で出走。勝つならここかと思って単勝を勝ってたんだけどね。ルーラーシップには完敗だったけど、2馬身も力の差があるわけではなく、鞍上の差も大きいと思う。
1番人気ローズキングダムは58kgを背負っていたことを考えると、これくらい負けてもおかしくはない。「BIG3」などとテレビでは煽っていたが、残念なことにそこまでの存在ではない。ちょっと後ろから行き過ぎな感もある。