« | »

2010.12.26

有馬記念 《G1レース回顧と馬券結果》と今年3号

有馬記念の回顧と馬券結果。そして今年3号目の万馬券。


なんという会心の馬券。今年は散々だったけど、最後こうして来るとすべてを忘れるね。

バラバラとしたスタート。ペルーサが好スタートを切って先行したので、どの馬が出遅れたのか目に入らなかった。トーセンジョーダンが押して先行。1000m62.0秒。去年、一昨年はとんでもないハイペースだったが、今年は一転してスローペース。向こう正面でルーラーシップがかかって上がっていき、それに釣られる形でヴィクトワールピサも前へ、なんと先頭に並ぶところまで。トーセンジョーダンとヴィクトワールピサが並んで直線へ。早めに抜け出したヴィクトワールピサが先頭に立ち、先行したトゥザグローリーが追い上げ、外から1番人気ブエナビスタの追い込み。ヴィクトワールピサとブエナビスタが並んだところがゴール。写真判定の結果、2番人気ヴィクトワールピサがハナ差で勝っていた。3着は11番人気トゥザグローリー。
馬連1-7で550円が10000円的中。そして、3連単1-7-11で60770円が100円的中。3連単は最後に買い足したんだけど、足してよかった。今年3本目の万馬券。
勝ったヴィクトワールピサは会心の騎乗とはいえないレースだったろうが、結果勝ったのだから問題ないね。道中かかって先頭までいってしまったのは気性の若さ。解消されればまだまだ強くなると思う。中山はこれで3戦3勝。コースもあっているのだろう。これで最優秀3歳牡馬も確定。
2着に敗れたブエナビスタ。惜しいレースだった。五分に出たけど、中団後方から。もうちょっと前に行っていれば、というのは結果論だね。直線向いた時には絶望的な位置だったが、メンバー唯一の33秒の末脚で追い込んだ。能力というよりは展開の問題。今年は結局6回G1を走って2勝、2着4回。満足のいく年ではなかったと思う。それでも1年元気に競馬を盛り上げてくれたし、来年どうするのかは分からないがゆっくり休んで欲しいね。最優秀古馬牝馬は確定。年度代表馬はアパパネになるだろうから難しいかな。
3着のトゥザグローリーはウィリアムズ騎手の好騎乗によるベストの結果といえるだろう。3番手追走から、最後までよく伸びて流れ込んだ。上手い騎乗だった。まだ3歳で、これからさらに成長すれば、もっと強くなると思う。
3番人気ペルーサ4着。信じられない好スタート。偶数番枠で後入れ、しかも14番ということで、最後から2番目に枠入れ、すなわちゲートにいる時間が短くて済んだことが好スタートに繋がった。好位に付けていい形で直線を向いたが、最後は爆発できなかった。あの末脚はやはり後ろからでないと難しいのかもしれない。それでも0.1秒差4着なら、まだ来年に期待を持たせてくれるレースだったと言って良いだろう。

そんなわけで馬券的には最高の形で今年を締めくくれたね。良かった。レース的には平凡なタイムで、良いレースとは言い難いところはあるけど、現状の古馬芝戦線の層の薄さを考えると、こんなものなのだろう。来年はヴィクトワールピサを始めとする今年の3歳世代が古馬となって、競馬を盛り上げてくれると思う。