« | »

2010.12.19

朝日杯フューチュリティステークス 《G1レース回顧と馬券結果》

朝日杯フューチュリティステークスの回顧と馬券結果。


朝日杯フューチュリティステークス

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 11 グランプリボス 牡2 55.0 デムーロ 1:33.9 34.5 504 -4 5
2 5 リアルインパクト 牡2 55.0 ベリー 1:34.0 3/4 34.8 504 +2 4
3 2 リベルタス 牡2 55.0 福永祐一 1:34.0 アタマ 35.0 490 -2 2
4 10 サダムパテック 牡2 55.0 スミヨン 1:34.1 クビ 34.9 498 0 1
5 8 リフトザウイングス 牡2 55.0 ルメール 1:34.1 クビ 34.6 508 -2 3

◎5リアルインパクト 4番人気 2着
○10サダムパテック 1番人気 4着
▲12シゲルソウサイ 9番人気 10着
△4ブラウンワイルド 14番人気 16着
△8リフトザウイングス 3番人気 5着

終わってみれば上位5番人気が掲示板独占。そしてその5頭中4頭が外国人ジョッキーというのことは、今のJRAジョッキーのふがいなさを象徴していると言えるだろう。なぜこんな状況でも消極的な騎乗を続けるのかが、逆に分からないね。そんなに馬主や調教師が強いのか。
さて今週の審議はどうなんだろう?グランプリボスがアドマイヤサガスをかなりの勢いで吹き飛ばしたように見える。そのあおりを受ける形でリフトザウイングスも外に膨らまされている。どうみてもジャパンCのブエナビスタよりも酷い妨害に見えるよね。アドマイヤサガスの脚が残っていたかどうかというのは結果論で、脚がなかったのではなく、妨害で走る気をなくしたのかもしれない。「審議をいたしましたが到達順位の通り確定します。なお審議の対象は11番でした」という説明しかしないと思うけど、JRAはもうちょっと説明すべきだし、そもそも基準をもっと明確にすべきだろう。お客様のお金を預かっているという自覚がないというか、そもそもお客様とも思っていないのだろうけどね。
レースはオースミイージーの逃げ。4ハロン46.6秒、5ハロン58.6秒の平均ペース。4角ごちゃつきながら直線。先行したリベルタスが粘るところ、内からリアルインパクト、外からサダムパテック、馬群を抜けてグランプリボスが猛追。結局伸びた5番人気グランプリボスが4番人気リアルインパクトに3/4馬身差で快勝。3着は粘った2番人気リベルタス。圧倒的1番人気サダムパッテクは4着に敗れた。
勝ったグランプリボスはもちろんG1初制覇。前走京王杯も良い脚で勝っていたが、今日はそれ以上に素晴らしい脚だった。ちょっとケチはついたけど、この勝ちっぷりの良さは来年に繋がるものだろう。とはいえサクラバクシンオーの仔で、どこまで距離延長に耐えられるかは未知数。
2着に俺の本命リアルインパクト。好スタート。道中多少かかってはいたものの、何とか折り合って直線は内を突いた。芝の枯れかけたところ通った割りには最後までよく頑張ったと言って良いだろう。ディープインパクトの仔ということもあって来年は無駄に人気になってしまうだろうが、距離が伸びても良さそうなタイプで、クラシック戦線も注目だ。
圧倒的1番人気サダムパッテク4着。今日も立ち後れて後方から。最後は差を詰めては来たものの、前走のような脚はなかった。やはりこういう馬を厚く買うのは怖いね。

愛知杯はゴール手前100mくらいまで楽しめた。トゥニーポートは結局6着だったけど、8番人気で0.3秒差なら上出来だね。

来週はいよいよ有馬記念。毎年大金賭けてるんだけど、今年はどうしようかねぇ。