« | »

2010.11.20

マイルCS 《G1レース予想》

マイルCSの予想。

疲労がピークな感じなので、今日の重賞結果はパス。(むろん両方ハズれた)

心配された雨が降ることもなく、良馬場で迎えられそうなマイルCS。
前日オッズだけ見れば、ダノンヨーヨー、サプレザ、キンシャサノキセキの3強の争いにも見えそうだが、続く単勝10倍台が7頭もいて、実際は混戦ムードだ。
ダノンヨーヨーは4連勝で富士Sを制覇。初挑戦のG1で前日1番人気。もっともノッている馬と言えるだろう。だがG1は初挑戦。しかも4月から使い詰めで、そろそろ疲労が見えてきてもおかしくない。ここ2戦の鞍上を務めた北村友騎手からスミヨン騎手に乗り替えて勝負気配満々だが、この乗り替わりは良い方に出るかは分からない。危険な人気馬と見る。ここは△までで。
前日2番人気サプレザ。昨年の3着に続いて、今年もフランスから来日してきた。昨年同様、前走を勝っての挑戦で、昨年くらい走れば十分に勝負になる。だが、外国馬はアテに出来ないところもあるので、▲まで。
キンシャサノキセキが前日3番人気。1600m戦は約3年振り。良績は1200~1400mに集中していて、ここは割引が必要だろう。思い切って無印に。
俺の本命はジョーカプチーノ。前日6番人気。17ヶ月振りとなった前走スワンSでは、休み明けを感じさせない逃げで3着。+38kgだったことを考えれば驚異的な好走で、ひと叩きした今回は上積みを期待できるだろう。同型馬はいるものの、逃げずに控えても問題ないし、折り合いさえつけば、上位必至だ。
相手はテイエムオーロラ。前日9番人気。前走府中牝馬Sを逃げ切って重賞初制覇。この馬も好調を持続しているはず。控えてもいけるし、ジョーカプチーノを見ながら進めるのは有利。
以下△トゥザグローリーまで。
人気薄からなので手広く。本命から総流しも含めて、馬連中心に。