« | »

2010.11.14

エリザベス女王杯、武蔵野S 《レース回顧と馬券結果》

エリザベス女王杯と武蔵野Sの回顧と馬券結果。


武蔵野S

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 4 グロリアスノア 牡4 57.0 戸崎圭太 1:36.6 35.4 516 -6 6
2 15 ダノンカモン 牡4 56.0 三浦皇成 1:36.7 1/2 35.7 522 +4 4
3 7 ブラボーデイジー 牝5 55.0 北村友一 1:36.8 1/2 35.7 534 +6 9
4 12 ユノゾフィー 牡4 56.0 横山典弘 1:37.1 1 3/4 35.6 478 +2 2
5 5 マルカシェンク 牡7 56.0 吉田隼人 1:37.1 クビ 35.2 500 +6 14

◎1ケイアイガーベラ 1番人気 15着
○12ユノゾフィー 2番人気 4着
▲4グロリアスノア 6番人気 1着
△14バーディーバーディー 5番人気 6着
△15ダノンカモン 4番人気 2着

エーシンクールディの逃げ。3ハロン35.9秒、4ハロン48.2秒の平均ペース。直線、先行していた6番人気グロリアスノアが伸びて、快勝。2着に4番人気ダノンカモン。
グロリアスノアは1月の根岸S以来の重賞2勝目。ドバイ遠征から戻って2戦、惨敗を続けたが、休んでリフレッシュしたのだろう。この後はJCダートだと思うけど、要注目。
俺の本命1番人気ケイアイガーベラ15着。出遅れで逃げることも出来ず。

エリザベス女王杯

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 6 スノーフェアリー 牝3 54.0 ムーア 2:12.5 34.0 468 不 4
2 9 メイショウベルーガ 牝5 56.0 池添謙一 2:13.2 4 34.4 508 +4 2
3 5 アパパネ 牝3 54.0 蛯名正義 2:13.5 1 3/4 35.1 494 +4 1
4 17 リトルアマポーラ 牝5 56.0 福永祐一 2:13.5 ハナ 35.5 474 +2 7
5 10 ヒカルアマランサス 牝4 56.0 ルメール 2:13.6 3/4 34.6 476 +6 6

◎スノーフェアリー 4番人気 1着
○12アニメイトバイオ 3番人気 15着
▲5アパパネ 1番人気 3着
△サンテミリオン 5番人気 9着
△9メイショウベルーガ 2番人気 2着

テイエムプリキュアが離して逃げて1000m60.1秒。平均ペース。3、4コーナーで馬群が追いつき直線へ。有力どころが外を回る中、4番人気スノーフェアリーが内に鋭く切れ込んで、豪快に伸びて後方を突き放して圧勝。2着に中団から外を伸びた2番人気メイショウベルーガ。激しい3着争いはハナ差でアパパネ。4着7番人気リトルアマポーラ。
馬券は6-9で1,430円が500円的中。予想は良かったのに、馬券が下手すぎた。
スノーフェアリーが異次元の強さを見せて圧勝。強いだろうと思い本命にしていたが、ここまで強いとは意外だった。上がり3ハロン34.0秒はもちろんメンバー最速。それよりも抜け出す脚の鋭さが光った。この後はジャパンカップにも登録しているようなので、出てくるようなら、ブエナビスタとの対決が楽しみだ。
2着のメイショウベルーガはよく頑張った。ブエナビスタ、レッドディザイアのいない中で、古馬牝馬の意地を見せたと言えるだろう。G1を勝つのは難しいかもしれないけど、このまま順調にいければチャンスがあるかもしれない。
アパパネは3着に敗れた。+4kg。馬体に不安は感じなかったけど、やはりピークは秋華賞だったということになるだろう。道中は勝ち馬とほぼ同じ位置取り。直線は外を回したが、3着が精一杯。これが実力だとは思えないので、ゆっくり休んで、来年また頑張って欲しい。
俺の対抗アニメイトバイオ15着。中団から。最後まで伸びず。今日は+2kgだったけど、やっぱり細く映った。この馬も休んで欲しいね。