« | »

2010.10.10

京都大賞典、毎日王冠 《重賞レース回顧と馬券結果》

京都大賞典と毎日王冠の回顧と馬券結果。


京都大賞典

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 2 メイショウベルーガ 牝5 56.0 池添謙一 2:25.0 34.9 504 +10 2
2 9 オウケンブルースリ 牡5 58.0 内田博幸 2:25.1 1/2 34.7 504 +22 1
3 6 プロヴィナージュ 牝5 55.0 佐藤哲三 2:25.6 3 35.8 520 0 4
4 4 ベストメンバー 牡4 57.0 四位洋文 2:26.0 2 1/2 36.1 524 +4 5
5 1 ゴールデンメイン せん10 57.0 太宰啓介 2:26.0 クビ 37.8 468 -8 9

◎11フォゲッタブル 3番人気 6着
○6プロヴィナージュ 4番人気 3着
▲9オウケンブルースリ 1番人気 2着
△2メイショウベルーガ 2番人気 1着
△8スマートギア 6番人気 8着

昨日の不良馬場から良馬場まで回復。とはいっても、多少まだ重かったみたいだ。
ドリームフライトの逃げで1000m57.7秒のハイペース。4角で2番手に付けていたゴールデンメインに先頭が変わって直線へ。内からプロヴィナージュが先頭を窺うところ、外から2番人気メイショウベルーガが突き抜けて快勝。半馬身差の2着に後方から外を伸びて1番人気オウケンブルースリ。内を突いたプロヴィナージュが3着。
メイショウベルーガは1月の日経新春杯に続く重賞2勝目。エリザベス女王杯に向けて良いレースを見せた。
2着のオウケンブルースリは10ヶ月半振りのレースで+22kg。それでも最後は素晴らしい脚で伸びており、この秋が実に楽しみだ。
俺の本命フォゲッタブル6着。後方から。直線もほとんど伸びず失速。距離が足りないかな?。しかし2400mで足りないとなると、活躍できるところは限られるね。

毎日王冠

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 4 アリゼオ 牡3 56.0 福永祐一 1:46.4 34.5 520 +8 6
2 3 エイシンアポロン 牡3 55.0 蛯名正義 1:46.4 ハナ 34.8 502 +8 8
3 1 ネヴァブション 牡7 58.0 田中勝春 1:46.6 1 1/2 34.4 486 +4 9
4 9 スマイルジャック 牡5 57.0 三浦皇成 1:46.8 1 1/4 35.3 488 0 3
5 2 ペルーサ 牡3 56.0 安藤勝己 1:46.9 1/2 34.3 506 +6 1

◎9スマイルジャック 3番人気 4着
○5ショウワモダン 2番人気 9着
▲2ペルーサ 1番人気 5着
△3エイシンアポロン 8番人気 2着
△4アリゼオ 6番人気 1着

芝は稍重。シルポートの逃げ。1000m58.9秒。馬場を考えるとちょっと速いか。直線、中団から内を伸びた6番人気アリゼオと8番人気エイシンアポロンの一騎打ち。ゴールではハナ差アリゼオがエイシンを抑えていた。3着はこれも内から9番人気ネヴァブション。
勝ったアリゼオは3歳馬。このレースを3歳馬が勝ったのはオグリキャップくらいしか記憶にない。たしかにメンバーは手薄だったけど、2着のエイシンアポロン共々、先を期待させる好内容だった。両頭とも天皇賞に向かうのかな?。
俺の本命スマイルジャック4着。良い形で直線を向いて、坂を上ってる辺りでは勝ったと思わせたけど、意外に伸びなかった。道悪もあまり良くないのかもしれない。
1番人気ペルーサ5着。また出遅れ。最後方から直線ちょっと差を詰めただけ。この先どうするのか分からないけど、こう出遅れが多いと馬券は買いにくい。