« | »

2010.08.29

キーンランドC、新潟記念 《重賞レース回顧》

キーンランドCと新潟記念の回顧。口座にほとんど金がなかったので見るだけで。


キーンランドC

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 10 ワンカラット 牝4 54.0 藤岡佑介 1:08.4 34.4 514 +6 2
2 5 ジェイケイセラヴィ せん6 56.0 江田照男 1:08.5 1/2 34.5 480 +6 6
3 3 ベストロケーション 牝5 54.0 三浦皇成 1:08.6 1/2 34.4 472 -14 8
4 1 ビービーガルダン 牡6 58.0 安藤勝己 1:08.8 1 1/4 34.7 504 -6 1
5 6 モルトグランデ 牡6 56.0 岩田康誠 1:08.8 アタマ 34.3 480 -6 4

サープラスシンガー、ポートジェネラルあたりの先行。3ハロン33.7秒、4ハロン45.1秒の平均ペース。直線、まくるように先頭に立った2番人気ワンカラットがそのまま押し切って快勝。2着に6番人気ジェイケイセラヴィ、3着8番人気ベストローケーション。
勝ったワンカラットは前走函館SSに続く重賞3勝目。桜花賞も4着した実力馬だが、古馬になって一回り成長したね。スプリンターズSまでこの校長が持続すれば面白いかもしれない。
注目のローレルゲレイロ8着、ビービーガルダン4着。ローレルは久々だったのでともかく、ビービーガルダンは叩き2走目にしてはあまり伸びなかった。スプリント戦線は混戦だな。

新潟記念

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 8 ナリタクリスタル 牡4 55.0 幸英明 1:58.4 33.9 476 -4 5
2 6 トウショウシロッコ 牡7 56.0 吉田豊 1:58.4 クビ 33.4 474 +2 10
3 5 サンライズベガ 牡6 55.0 松岡正海 1:58.4 アタマ 33.9 504 +6 4
4 3 メイショウベルーガ 牝5 56.0 池添謙一 1:58.5 クビ 33.0 494 0 2
5 7 スリーオリオン 牡5 55.0 内田博幸 1:58.5 クビ 33.8 460 +10 3

テイエムプリキュアの逃げ。1000m60.6秒のスローペース。直線は横に広がって一線。ゴール前まで抜け出す馬のいない激戦。先行勢の中から5番人気ナリタクリスタルがクビ差抜け出して勝利。2着に10番人気トウショウシロッコ、3着は4番人気サンライズベガ。8着まで0.2秒差の接戦だった。ハンデ戦というよりはスロー競馬のためだね。
ナリタクリスタルは重賞初制覇。2月の小倉大賞典で2着していたが、ようやくの重賞制覇となった。今までは後方からいくタイプだったが、今日は4番手追走の前目で競馬が出来たのが勝因だろう。
1番人気スマートギアは6着。この馬はなかなか勝ちきれないタイプ。ペースも合わなかったね。とはいえ、芝中距離はほとんどスローなので、この手のタイプには厳しい時代だよね。
ちなみに200円だけ口座にあったのでアドマイヤオーラの単複100円づつ買ったんだけど、ビリ。参ったね。来週も見の予定。