« | »

2010.07.04

オグリキャップが死亡

7/3、優駿スタリオンステーションに繋養されていたオグリキャップが死亡した。放牧地で倒れているのが発見され、右後肢骨折が分かり、その後死亡した。25歳だった。


俺が競馬を始めた1988年の有馬記念。勝ったのはオグリキャップ。2着はタマモクロスだった。古馬になってからの、スーパークリーク、イナリワンとの3強時代、バンブーメモリーとの激闘、ジャパンカップでのホーリックスとのレコード決戦、燃え尽きたかのような不振、そしてラストの有馬記念でのドラマチックな勝利――。日本競馬がハイセイコー以来の盛り上がりを見せた時期と言われるこの時代の中心にいたオグリキャップ。

オグリキャップは真のスーパースターホースだった。

その後にナリタブライアンやディープインパクトなど、名馬と呼ばれる馬は出た。海外で活躍する馬も現れた。しかし、オグリキャップほど、名勝負を繰り広げ、ファンを魅了したスターホースはいない。JRAや競馬マスコミが無理矢理盛り上げて作り上げたスターとは違う。

その血を後世に伝えることは出来なかったが、その勇姿、名勝負の数々は我々ファンの心に残り続けるとともに、後世に語り継がれることだろう。

俺に競馬の面白さ、楽しさ、そして素晴らしさを教えてくれてありがとう。どうか安らかに。