« | »

2010.06.30

フリオーソが2度目の帝王賞制覇

6/30、大井競馬場で行われた帝王賞(Jpn1、ダート2000m)は、大井所属のフリオーソが勝った。2008年に続き、2度目の帝王賞勝ちとなった。2着にJRAのカネヒキリ、3着大井のボンネビルレコード。1番人気に推されたサクセスブロッケンは果敢に逃げたものの直線で失速、8着に敗れた。2番人気ヴァーミリアンは9着。
テレビで見たが、フリオーソはなかなかの勝ちっぷり。2番手からサクセスブロッケンをかわすと、脚色衰えず、2馬身半差の快勝。まだ6歳だし、これからも期待できる。
2着のカネヒキリは昨年の5月以来、13ヶ月振りの出走にしてはよく走った。中団から徐々に仕掛けて、直線はフリオーソには離されたもののボンネビルレコードを抑えきって2着を確保した。休み明けでこれだけ走れれば、8つめの戴冠もそう遠くはないだろう。