« | »

2010.05.23

オークス 《G1レース回顧と馬券結果》

オークスのレース回顧と馬券結果。

オークス

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 17 アパパネ 牝3 55.0 蛯名正義 2:29.9 35.2 470 -10 1
1 18 サンテミリオン 牝3 55.0 横山典弘 2:29.9 同着 35.3 460 +6 5
3 2 アグネスワルツ 牝3 55.0 柴田善臣 2:30.2 2 36.1 456 -4 8
4 13 アニメイトバイオ 牝3 55.0 後藤浩輝 2:30.4 1 1/4 35.4 464 +14 11
5 6 オウケンサクラ 牝3 55.0 安藤勝己 2:30.4 クビ 35.6 490 +4 3

◎3アプリコットフィズ 4番人気 6着
○17アパパネ 1番人気 1着
▲13アニメイトバイオ 11番人気 4着
△4ショウリュウムーン 2番人気 17着
△18サンテミリオン 5番人気 1着

雨のやや重馬場。G1は晴れの良馬場が望ましいところで、それは残念ではあったが、素晴らしくドラマチックなレースとなった。
逃げたのはニーマルオトメ。1000m通過60.6秒で、良馬場だった昨年、一昨年よりも速い、ハイペース。直線、2番手から8番人気のアグネスワルツが抜け出すが、馬場の中央から1番人気アパパネと5番人気サンテミリオンが伸びて一騎打ち。いったんアパパネが抜け出しかけたが、サンテミリオンが差し返して、馬体を並べてゴール。長い写真判定の末、同着と判定され、両馬優勝となった。
アパパネは桜花賞に続く二冠制覇。阪神JFも併せて3つめのG1勝利となった。距離や折り合いに不安が囁かれていたが、全く問題なく、過酷なこの距離を見事に克服した。ペースが上がったことがこの馬にとっては良い方向に出たが、抜け出す力強さ、並んでの根性は、この世代の牝馬トップの証明となった。秋は三冠を狙うとともに、サンテミリオンとの勝負をつける季節となる。無事夏を越してほしい。
サンテミリオンは5番人気という低評価であったが、大外枠でなければ間違いなく2番人気になるべき馬で、この馬を信じて馬券を買った人には、勝利とともに良い馬券の払い戻しとなっただろう。大外スタートで中団を追走。直線は早めに先頭に立って、叩き合いでいったん遅れかけたが、最後は盛り返して同着。凄い根性だ。ゼンノロブロイのファーストクロップで、産駒初のG1制覇。秋はアパパネと雌雄を決する。
3着の8番人気アグネスワルツはよく走った。2番手につけて、最後までしっかり伸びて、前2頭には離されたが3着を確保。道悪が上手いということ以上に、この馬は強いと思う。
4着のアニメイトバイオは11番人気の低評価を跳ね返す競馬を見せた。総流ししてたんだけどなぇ。後方からよく伸びてきたが、願わくはもうちょっと前目に付けて、あるいはもうちょっと早めに仕掛けて欲しかった気もするが、その辺は結果論だな。体重も戻ってきていたし、秋もこの馬には期待したい。
俺の本命アプリコットフィズ6着。中団前目に付けて、良い形で直線を向いたが、最後は伸びきれなかった。どうも道悪がよくなさそうに見えた。

G1は良馬場でやって欲しいものだが、こうして力のある2頭が死闘を繰り広げて、両馬優勝とはいい話だね。横山も珍しく浮かれていたけど、その気持ちも分かるね。