« | »

2010.04.10

桜花賞 《G1レース予想》

桜花賞の予想。icon_g1.jpg


もっと単勝10倍以内が何頭も出るかと思ったが、意外なことに、前日単勝オッズ10倍以内は2頭だけ。
前日1番人気は2歳女王アパパネ。3.3倍。チューリップ賞でショウリュウムーンに出し抜けを食らわされたが、1戦叩いた上積みも見込めそうだし、なにより大崩しそうにない安定感が光る。しかし俺の中では3番手▲評価で。
2番人気はアプリコットフィズで5.3倍。クイーンCを快勝して、桜花賞へ直行。人気になるとは思ったが、クイーンCからの直行組は危険な人気馬のケースが多い。半端にレース間隔が開くということもあってか、例年それなりに人気になるのだが、いい結果を出しているとはいえない。かなり危険な賭けだが無印で。
さて俺の本命◎は展望で書いたとおり、アニメイトバイオ。前日6番人気。そんなに高くもなく、良い人気だ。調教後472kgということは輸送で減ることも併せて、結構絞れてくれるのではないかと期待できる。外目から有力馬を見ながら競馬が出来るのも良い。2着が続いていて、善戦タイプな可能性もあるが、底力は十分あると見る。
相手○はラナンキュラス。前日7番人気。フィリーズレビューでハナ差2着だったわりに人気がないね。この馬も叩いての上積みが見込めるし、なにより名牝ファレノプシスの仔という良血の力を信じたい。大舞台で大きく開花するに相応しい超良血馬だ。
以下△ショウリュウムーン、△レディアルバローザあたりまでに印を打つ。
もう慣れてきたが、桜花賞なのに逃げ馬が不在。驚くべき状況だね。おそらくスローで流れる上に、4角ではほとんどひとかたまりという状況になるだろう。内で包まれるわけにいかないアプリコットフィズは早めに動いて先頭に立つだろうから、(逃げる可能性さえあるだろう)、他の馬がそれを如何にとらえるかというレースになりそうだね。そういう意味では積極的に乗れそうな内田、四位には期待したいね。逆に1番人気に乗る蛯名はただでさえちょっと積極性に欠けるような気がするので、危険な気がする。