« | »

2010.03.28

マーチS、高松宮記念 《G1、重賞レース回顧と馬券結果》

マーチSと高松宮記念の回顧と馬券結果。icon_g3.jpgicon_g1.jpg


詳細
マーチS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 12 マコトスパルビエロ 牡6 58.0 後藤浩輝 1:51.7 37.6 512 +2 4
2 3 ナニハトモアレ 牡4 54.0 村田一誠 1:52.1 2 1/2 37.8 496 0 6
3 1 シビルウォー 牡5 56.0 吉田隼人 1:52.2 3/4 37.7 472 +2 3
4 16 モンテクリスエス 牡5 56.0 内田博幸 1:52.2 アタマ 37.3 550 -6 1
5 5 マルブツリード 牡7 56.0 柴山雄一 1:52.3 クビ 37.7 496 -4 14

◎1シビルウォー 3番人気 3着
○12マコトスパルビエロ 4番人気 1着
▲16モンテクリスエス 1番人気 4着
△4クリールパッション 5番人気 6着
△13ウォータクティクス 8番人気 7着
こちらは手短に。
やや重。トーホウオルビスの逃げ。1000m61.3秒で平均くらい。直線、トーホウオルビスとウォータクティクスが逃げ込みをはかるところ、4番人気マコトスパルビエロが伸びて、後続を突き放して快勝。2着には6番人気ナニハトモアレ、3着3番人気シビルウォー。
勝ったマコトスパルビエロは重賞は4勝目ながら、中央の重賞は初勝利。層の厚い地方の強豪達と戦ってきているのだから、格が違うというところか。
本命シビルウォー3着。後方からよく詰めたが3着まで。
高松宮記念

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 6 キンシャサノキセキ 牡7 57.0 四位洋文 1:08.6 34.6 504 0 1
2 17 ビービーガルダン 牡6 57.0 安藤勝己 1:08.6 ハナ 34.8 506 +8 6
3 16 エーシンフォワード 牡5 57.0 岩田康誠 1:08.6 クビ 34.5 482 +2 3
4 13 サンカルロ 牡4 57.0 吉田豊 1:08.7 クビ 34.1 490 +2 4
5 3 アルティマトゥーレ 牝6 55.0 横山典弘 1:08.7 ハナ 34.6 486 +2 2

◎3アルティマトゥーレ 2番人気 5着
○6キンシャサノキセキ 1番人気 1着
▲17ビービーガルダン 6番人気 3着
△13サンカルロ 4番人気 4着
△16エーシンフォワード 3番人気 3着
アルティマトゥーレがスタートで躓いて、横山騎手が落ちそうになる不利。逃げたのはセブンシークィーン。3ハロン33.5秒、4ハロン44.9秒で平均ペースくらいか。直線、ヘッドライナーが2番手から抜け出して一旦先頭に立つも、外から有力各馬が殺到。中団から上手く抜け出した1番人気キンシャサノキセキが、外から追い込んだ6番人気ビービーガルダンをハナ差抑えたところがゴールだった。3着3番人気エーシンフォワード。1着から5着まで、ハナ、クビ、クビ、ハナという大激戦だった。
馬連6-17で2,690円が1,000円的中。しっかり当たったのは久々なような気がする。
勝ったキンシャサノキセキはG1初制覇。4連勝での勝利で、7歳にして本当に充実の季節を迎えたと言っても良いだろう。中団前目に付けて、スムーズに4角を回って、最後までよく後続を抑えきった。フジキセキの仔だがオーストラリア産のため外国産馬、という珍しい馬。種牡馬になって成功できるかはかなり怪しい状況だと思うので、まだまだ長く頑張って欲しいね。
2着ビービーガルダンはまたしてもハナ差の2着。1戦叩いて調子を戻してきていたのだろうが、最後までよく粘った。勝ち馬より前に付けていたが、位置取りの差で外へ。最後はハナ差まで追い詰めたのだから、底力を見せた。
俺の本命アルティマトゥーレ5着。痛恨の躓き。横山はよく持ち直した。後方から上がっていき、最後は見せ場まで作ったのだから、この馬はやっぱり強かった。これで引退ということになるようだが、良血馬だし、良い仔を産んでターフに送り出して欲しいね。