« | »

2010.03.07

ウオッカが引退

ドバイ遠征中のウオッカが引退を発表した(JRA
前走アル・マクトゥームチャレンジ ラウンド3レースのレース中(もしくはレース後かな)に鼻出血を発症していた模様。去年のJCの後にも鼻出血が理由で有馬記念を回避していた。
本当にお疲れ様と言いたいね。
2006 阪神ジュベナイルフィリーズ
2007 日本ダービー、
2008 安田記念、天皇賞(秋)
2009 ヴィクトリアマイル、安田記念、ジャパンカップ
と7つのG1、Jpn1勝ち。素晴らしい成績。文句なしの名牝だった。
この後は予定通り、アイルランドでSea The Starsと交配されるらしい。子供も楽しみだね。


ところで…、
JRAのHPによればウオッカは「JRA・GIレース最多勝の7勝」だそうで、面白い言い方があるもんだねぇ。
地方競馬のJpn1をはじめとする国際格付けの得られてない重賞は、JRA、NAR、日本軽種馬協会、アジア競馬連盟日本代表から構成される日本グレード格付け管理委員会が格付けを行っている、はず。JRAも入ってるよな。
この「JRA・G1レースの7勝が最多勝」だという書き方だと、「ダートのJpn1は認めない」ということになるわけだが、それは自身も入っている日本グレード格付け管理委員会の決定をないがしろにするものだよね。
それに、ウオッカが勝った阪神ジュベナイルフィリーズ、日本ダービーの2つは当時「Jpn1」だったわけで、ダート競馬のJpn1と価値は同じはず。なんか滅茶苦茶だぞ。
ようやく今年から3歳重賞にも国際格付けが適用されるようになって、JRAのレースからは「Jpn」表記が消えた。おそらくJRAとしてはこの曖昧なJpnのグレード表記を無かったものにしたいと思ってるんだろうねぇ。
ちなみに「JRA・GIレース最多勝の7勝」を正確に言うのであれば、
「JRAのG1、Jpn1レース最多勝タイの7勝」
「G1、Jpn1レース史上2位タイの7勝」
のどちらかでしかない。