« | »

2010.03.06

チューリップ賞、オーシャンS 《重賞レース回顧と馬券結果》

チューリップ賞とオーシャンSの回顧と馬券結果。icon_g3.jpg


詳細
チューリップ賞

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 12 ショウリュウムーン 牝3 54.0 木村健 1:36.1 34.7 450 -8 9
2 16 アパパネ 牝3 54.0 蛯名正義 1:36.2 3/4 35.0 478 +6 1
3 4 エーシンリターンズ 牝3 54.0 岩田康誠 1:36.2 アタマ 34.9 440 -8 8
4 3 オウケンサクラ 牝3 54.0 小牧太 1:36.5 1 3/4 34.6 484 -4 2
5 2 ラフォルジュルネ 牝3 54.0 藤岡康太 1:36.6 1/2 34.5 444 0 6

◎16アパパネ 1番人気 2着
○15ワイルドラズベリー 3番人気 7着
▲2ラフォルジュルネ 6番人気 5着
△10ベストクルーズ 4番人気 9着
△11グリューネワルト 10番人気 12着
重馬場。ストレンジラブが外から先行。3ハロン36.0秒、4ハロン48.3秒。重馬場を考えてもちょっとスロー。直線、先行していた1番人気アパパネが抜け出しかけるが、外から9番人気ショウリュウムーンが伸びて、3/4馬身差で勝利。3着8番人気エーシンリターンズ。
勝ったショウリュウムーンは重賞初制覇。未勝利を勝ったばかりでの出走で人気はなかったが、今日は良い伸びを見せた。重馬場があっているのだろうが、それにしても2歳女王を破っての勝利は素晴らしい。鞍上の木村騎手は園田競馬所属で、中央重賞は初勝利。
俺の本命アパパネ2着。前哨戦とはいえ負けるとは思ってなかったね。堅いと思って、馬券的には▲のラフォルジェルネから行っていたんだが、こちらは5着。スタート後に内側がちょっとごちゃついたように見えた。もうちょっと前に行けると良かったんだが、最後の脚は良かった。
オーシャンS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 3 キンシャサノキセキ 牡7 58.0 四位洋文 1:09.8 35.7 504 0 2
2 8 エーシンエフダンズ 牡6 56.0 内田博幸 1:09.8 クビ 36.1 510 -6 7
3 6 シンボリグラン 牡8 57.0 戸崎圭太 1:09.8 アタマ 36.0 544 +4 8
4 2 プレミアムボックス 牡7 57.0 幸英明 1:09.9 1/2 35.3 536 0 5
5 5 ファイングレイン 牡7 58.0 勝浦正樹 1:09.9 クビ 35.5 496 0 16

◎11サンクスノート 10番人気 7着
○16ショウナンカザン 1番人気 16着
▲4アイルラヴァゲイン 3番人気 10着
△12ランチボックス 11番人気 6着
△15エーシンビーセルズ 12番人気 13着
雨の重馬場。セブンシークィーンの逃げ。3ハロン33.4秒、4ハロン44.8秒で、重馬場にしてはかなりのハイペース。直線、先行勢からエーシンエフダンズが抜け出すが、内をするすると2番人気キンシャサノキセキの突き抜けて、クビ差の勝利。3着8番人気シンボリグラン。
キンシャサノキセキは昨年から重賞3連勝。道悪は良くないだろうと思って消したのだが、見事な差し脚だった。7歳ではあるがいよいよ本格化してきたかも。高松宮記念は要注意。
俺の本命サンクスノート7着。3、4番手を先行。良い感じで直線を向いたが、ちょっとペースが速すぎたね。しかし見せ場は作ってくれた。やはり重馬場は良いのだろう。