« | »

2010.01.31

京都牝馬S、根岸S 《重賞レース回顧と馬券結果》

京都牝馬Sと根岸Sの回顧と馬券結果。


詳細
京都牝馬S

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 8 ヒカルアマランサス 牝4 52.0 デムーロ 1:36.4 33.6 460 -2 1
2 15 ベストロケーション 牝5 54.0 木幡初広 1:36.5 1/2 34.7 480 -2 7
3 6 ザレマ 牝6 56.0 安藤勝己 1:36.5 ハナ 34.8 544 +6 2
4 5 ワンカラット 牝4 54.0 藤岡佑介 1:36.5 アタマ 34.5 512 -4 5
5 9 チェレブリタ 牝5 54.0 ルメール 1:36.7 1 1/4 34.3 458 +6 6

◎12ブラボーデイジー 3番人気 7着
○6ザレマ 2番人気 3着
▲14レインダンス 4番人気 10着
△7ショウナンラノビア 9番人気 14着
△8ヒカルアマランサス 1番人気 1着
京都雨降ってるとは思わなかったな。
レースはザレマとベストロケーションが引っ張る展開。3ハロン36.7秒、4ハロン49.4秒とやや重でも超スロー。4角で一団。直線、逃げた2頭が粘るところ、外の良いところを伸びて1番人気ヒカルアマランサスが追い込み勝ち。2着争いは7番人気ベストロケーションがハナ差だけ2番人気ザレマを抑えた。
勝ったヒカルアマランサスは重賞初制覇の4歳牝馬。ペースは遅かったが、あまりに遅すぎたことで、ほとんど一団だったので、外を回しても届いた。52.0kgと恵まれたのも勝因の1つだろう。ヴィクトリアマイルは55.0kg。背負ってどこまでいけるかが鍵になるだろう。
俺の本命ブラボーデイジー7着。ショウナンラノビアがいかなければいくだろうと思ってたんだけど、抑えて3番手から。なんというか消極的。もうちょっと頑張って欲しいね。
ちなみに今土日メインの芝レース、今日の京都のメインは最後方からの追い込み勝ちだったが、昨日の東京、中京の土日2つは先行逃げ切り勝ち。今日のレースも前残りみたいなもので、芝のレース、とくにメイン、特別あたりの芝のレースはほとんどがスローの前残り競馬だ。
根岸S

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 8 グロリアスノア 牡4 55.0 小林慎一郎 1:23.7 35.5 516 -8 11
2 9 サマーウインド 牡5 56.0 武豊 1:23.9 1 1/4 36.5 520 +2 1
3 13 オーロマイスター 牡5 56.0 吉田豊 1:23.9 ハナ 35.5 514 +4 4
4 16 スーニ 牡4 58.0 川田将雅 1:24.0 1/2 36.5 470 -4 3
5 2 ワンダーポデリオ 牡6 56.0 柴山雄一 1:24.0 ハナ 35.8 468 -4 6

◎12グリフィンゲート 10番人気 10着
○16スーニ 3番人気 4着
▲7ワイルドワンダー 5番人気 9着
△8グロリアスノア 11番人気 1着
△9サマーウインド 1番人気 2着
△11ケイアイテンジン 2番人気 13着
こちらは晴れの良馬場。
ケイアイテンジンの逃げ。3ハロン35.6秒、4ハロン47.4秒のハイペース。先行していた1番人気サマーウインドが4角で先頭に並んで直線。粘る先行勢の外から後方勢の強襲。11番人気グロリアスノアが豪快に伸びて、1馬身1/4の差を付けて快勝。2着に粘ったサマーウインド。3着後方から4番人気オーロマイスター。
勝ったグロリアスノアは重賞初制覇。昨年のユニコーンSでシルクメビウスの2着した実績もあるが、今日は見事な勝利。まだ4歳で成長が楽しみな1頭だろう。
俺の本命グリフィンゲート10着。勝ち馬とほとんど同じ位置取りで、直線は良い脚色で伸びてきたんだけど、途中でぱったり。距離の問題か、あるいは力不足か。