« | »

2010.01.07

2009年度JRA賞が決定

2009年度JRA賞が決定していた。昨日ね。(JRA)


各賞はこちら。
年度代表馬 ウオッカ
最優秀2歳牡馬 ローズキングダム
最優秀2歳牝馬 アパパネ
最優秀3歳牡馬 ロジユニヴァース
最優秀3歳牝馬 ブエナビスタ
最優秀4歳以上牡馬 ドリームジャーニー
最優秀4歳以上牝馬 ウオッカ
最優秀短距離馬 ローレルゲレイロ
最優秀ダートホース エスポワールシチー
最優秀障害馬 キングジョイ
特別賞 カンパニー
ちなみに俺が年末に書いたのはこちら。
>年度代表馬 ドリームジャーニー
>最優秀2歳牡馬 ローズキングダム
>最優秀2歳牝馬 アパパネ
>最優秀3歳牡馬 該当馬なし
>最優秀3歳牝馬 ブエナビスタ
>最優秀4歳以上牡馬 ドリームジャーニー
>最優秀4歳以上牝馬 ウオッカ
>最優秀短距離馬 ウオッカ
>最優秀ダートホース エスポワールシチー
結構違うな…。
年度代表馬投票の結果は、
1 ウオッカ 246
2 ドリームジャーニー 26
3 カンパニー 7
4 ブエナビスタ 6
5 エスポワールシチー 2
合計 287
ということで、ウオッカが圧倒的。まぁG1を3勝してるわけで、とくに問題があるわけではない。ヴィクトリアマイルはG1とは思えないほどの軽いメンバーだったが、それでも圧勝で力を示しているしね。いいんじゃないでしょうか。
ちょっと驚いたのが最優秀短距離馬ローレルゲレイロ。てっきりウオッカだと思ってたんだけどね。
1 ローレルゲレイロ 268
2 カンパニー 13
3 ウオッカ 6
合計 287
マイルG1を2勝のウオッカが6票しか入ってないとはねぇ。年度代表馬だし、ここはローレルゲレイロで良いんじゃないかなという票が流れたように思えるね。もっともローレルゲレイロのスプリントG1連覇は素晴らしい結果であることは間違いない。だから文句があるわけじゃない。
案の定、最優秀3歳牡馬は「該当馬なし」に42票も入ってるね。アンライバルドも故障してしまったし、この世代の牡馬はフォゲッタブルが担っていくしかないのかな。
今回はそれほどおかしな投票もなかったね。投票馬を明らかにしない記者がいるのは相変わらずで、まぁこの話は散々書いてきたからいいか。