« | »

2009.12.20

朝日杯フューチュリティS、阪神C 《Jpn1、重賞レース回顧と馬券結果》

朝日杯フューチュリティSと阪神Cの回顧と馬券結果。


詳細
朝日杯フューチュリティS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 8 ローズキングダム 牡2 55.0 小牧太 1:34.0 34.7 446 -4 1
2 12 エイシンアポロン 牡2 55.0 池添謙一 1:34.2 1 1/4 35.2 496 +4 2
3 2 ダイワバーバリアン 牡2 55.0 蛯名正義 1:34.5 2 35.6 516 +2 5
4 3 ガルボ 牡2 55.0 吉田隼人 1:34.6 1/2 35.5 454 0 12
5 16 ニシノメイゲツ 牡2 55.0 北村宏司 1:34.7 3/4 35.2 450 +4 7

◎16ニシノメイゲツ 7番人気 5着
○12エイシンアポロン 2番人気 2着
▲8ローズキングダム 1番人気 1着
△1バトルシュリイマン 10番人気 15着
△5ダッシャーゴーゴー 6番人気 12着
バトルシュリイマンの逃げ。3ハロン34.2秒、4ハロン46.1秒の平均ペース。直線、馬群を抜けて2番人気エイシンアポロンが先頭に立つが、その外から1番人気ローズキングダムが馬体を併せる間もなく突き抜けて1馬身1/4差を付けて快勝。3着5番人気ダイワバーバリアン。堅い決着。
3連勝でJpn1制覇を成し遂げたローズキングダム。パドックから落ち着きを見せ、レースでは折り合って道中中団から。直線も良い反応で、良い伸びを見せた。この落ち着き、このレース運び、まったく末恐ろしい馬だが、逆にこの先、本当にこれ以上成長するのか?という懸念もある。来年からいよいよ正式にG1となる3歳三冠レース。主役を張れるかどうかは、今後の成長にかかってくるだろう。
2着のエイシンアポロン。早めに抜け出して後続を封じようとしたが、勝った馬が1枚上手だった。マル外だが、ジャイアンツコーズウェイにサドラーズウェルズなら距離も問題無さそうなので、三冠レースを目指していくことになると思う。
俺の本命ニシノメイゲツ5着。大外が厳しかった。それに尽きるね。スタートも今ひとつで、後方から。最後はよく伸びたが5着が精一杯。デュランダルの仔なので、この先は短距離戦線かな。
こうした内外の不利の大きすぎる競馬場はレース体系を考え直した方が良いと思うんだよね。来週の有馬記念も内外で悲喜分かれることになるだろう。
実況が下手すぎるので何とかして欲しいね。場内で実況してる人の音声をそのまま使えないのかね?。
阪神C

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 2 キンシャサノキセキ 牡6 57.0 デムーロ 1:20.4 34.7 504 +8 1
2 13 プレミアムボックス 牡6 57.0 幸英明 1:20.6 1 34.7 534 +2 7
2 17 サンカルロ 牡3 56.0 吉田豊 1:20.6 同着 34.7 490 -2 11
4 12 ドラゴンファング 牡4 57.0 岩田康誠 1:20.7 3/4 35.6 496 +6 5
5 1 ショウナンカザン 牡4 57.0 藤田伸二 1:20.7 クビ 35.3 484 +2 4

◎12ドラゴンファング 5番人気 4着
○2キンシャサノキセキ 1番人気 1着
▲11マイネルレーニア 15番人気 18着
△3アーリーロブスト 8番人気 17着
△10グッドキララ 18番人気 6着
キンシャサノキセキが出遅れ。ドラゴンファングが逃げるが、一団になってのレース。3ハロン33.7秒、4ハロン45.1秒の平均くらいのペース。直線は激戦。先行勢が粘るところ、外目から出遅れた1番人気キンシャサノキセキが捲って快勝。2着は7番人気プレミアムボックスと11番人気サンカルロが同着。8位入線のエイシンタイガーが12着に降着。
キンシャサノキセキはスワンSに続く重賞連勝。3つ目の重賞制覇となった。相手は軽かったが強い勝ち方だった。次の短距離G1は3月の高松宮記念と離れているが、そこまで好調が続くと良いね。