« | »

2009.12.12

中日新聞杯 《重賞レース回顧と馬券結果》

中日新聞杯の回顧と馬券結果。


詳細
中日新聞杯

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 7 アーネストリー 牡4 56.0 佐藤哲三 1:57.4 35.5 528 +6 1
2 1 ドリームサンデー 牡5 56.0 秋山真一郎 1:57.5 1/2 35.9 500 -2 5
3 5 チョウカイファイト 牡6 54.0 北村友一 1:58.0 3 35.4 514 0 10
4 15 トーセンジョーダン 牡3 55.0 スミヨン 1:58.0 クビ 35.4 474 -2 2
5 3 レオマイスター 牡4 54.0 木幡初広 1:58.4 2 1/2 36.2 500 +14 11

◎1ドリームサンデー 5番人気 2着
○7アーネストリー 1番人気 1着
▲15トーセンジョーダン 2番人気 4着
△6リクエストソング 6番人気 8着
△10ナカヤマフェスタ 3番人気 13着
1番安いところか…。まぁ明日の資金になったし良しとしよう。馬連1-7で2,420円が400円的中。
レースは5番人気ドリームサンデーの逃げ。1000m58.4秒のスロー。直線、逃げるドリームサンデーを1番人気アーネストリーがかわして快勝。3着10番人気チョウカイファイト。
アーネストリーは重賞初制覇。前走では逃げるミヤビランベリを捉えきれなかったが、今日はキッチリ逃げ馬を捕まえて勝利。先行タイプで、スローペース競馬によく合う馬。まだ4歳でもあるし、来年以降も芝の中長距離戦線で活躍しそうだ。
俺の本命ドリームサンデー2着。東スポだと無印だったんで、もうちょい人気薄かと思ったんだけど、まぁ考えることはみんな同じだね。スローだったとはいえ、自身も1分57秒5で走っており、悪くない競馬だったんじゃないかな。
スローペース競馬を批判して、逃げ馬粘りまくりのレースをつまらないとは言ってるけど、それを利用してこうして馬券を取ったりする。矛盾してるようだけど自分の中ではそうでもないんだよね。
批判してるのは例えば今日の阪神メインのようなレースで、単勝1.6倍のフサイチピージェイを競り掛けもせず逃がして、そのまま逃げ切らせるような、周りの騎手のこと。最後結構競ったが、道中楽に逃げてたから最後まで息が持ったわけで、こんなの周りの騎手の怠慢と言ってもいいね。
逃げ馬は好きなんだ。競馬を始めた頃にはレジェンドテイオーが大好きだったし。でも逃げ馬が楽に逃げ切り続けるようじゃ競馬はつまらないということ。逃げ馬と追い込み馬がゴール前で馬体を併せるような競馬が1番面白いんだよね。