« | »

2009.11.28

ジャパンC 《G1レース予想》

ジャパンCの予想。


前日単勝オッズは1番人気ウオッカが3.8倍。6番人気まで1桁で、7番人気のエイシンデピュティが30.0倍だから、6頭が六つ巴(こんな単語は無い)と見られていると言うことだろう。
今回のJCの予想の上で重要なポイントはいくつかあるが、最も重要なのは2つ。ウオッカをどうするかと、コンデュイットを含む外国馬をどうするか、の2点だ。
ウオッカは間違いなく現役最強馬ではあるが、それは主に1600mから2000mくらいの距離での評価だ。2400mはダービーを勝ってはいるものの、適距離とは言えないだろう。実際ダービー以降は2000mより長い距離のレースで連に絡んだことはない。しかしそれは血統的な距離適正と言うよりむしろ、この馬の乗り方の難しさを表しているのではないかと見る。折り合い、位置取り、仕掛けどころ、この馬の乗り方は難しいのだろう。武豊を降ろしルメールを乗せたことが、吉と出るか凶と出るか?。
ルメールはたしかに上手い騎手だが、テン乗りで結果を出せるような易しい馬ではないと見る。ここは印を下げて3番手▲評価とする。もちろん、騎乗が上手くハマれば突き抜けて圧勝でもおかしくはない。
コンデュイットはブリーダーズカップターフを連覇、今年はキングジョージにも勝ち、世界的な名馬であることは間違いない。このレースを最後に引退して、北海道で種牡馬になるそうで、そういう意味ではJCの勲章はぜひ欲しいところだろう。持ちタイムもあり、時計勝負にも対応可能で、そのうえ左回りは4戦4勝。2番人気に推されるのも無理はない。だが過去にもこういった大物がJCのために来日して、無残に敗れ去っていく様子を何度も見てきた。もちろんその逆もあり、たいして人気にならない外国馬が好走してJCのタイトルを奪っていく様も見てきた。
つまり外国馬のことはよく分からないというのが毎度の結論で、印は打たないけど、馬券的には抑えておきたいというレベルだ。コンデュイットはもちろん、マーシュサイド、ジャストアズウェルもあり得る。
ということで俺の本命は前日5番人気のリーチザクラウン。菊花賞では1番人気を裏切り5着。だが思ったよりペースが上がってしまったし、それほど大きくは負けていない。気性の問題があって、2400mでもかなり折り合いには苦労するだろうが、3000mよりはまだいいと思う。東京2400はダービー2着の時と同じ舞台。今回は先頭を切っていくことになるが、競ってくるような馬も見当たらない。武豊ならきっとやってくれるだろう。雨が降るようならさらに良い。
相手は前日4番人気スクリーンヒーロー。去年の覇者。前走の天皇賞(秋)ではカンパニーの2着と復活ののろしを上げた。東京2400はベストな舞台。大外もそれほど影響はないだろう。
前日3番人気の△オウケンブルースリは、明らかに距離不足の天皇賞(秋)で4着。地力の高さを見せつけた。去年のJCは5着だったが今年はそれ以上が見込めるだろう。雨は良くない。
以下。恵量△レッドディザイア、徐々に良化してきた△エイシンデピュティ。馬券は山のように買うことになるが、愛するエアシェイディも買う。