« | »

2009.10.31

天皇賞(秋) 《G1レース予想》

天皇賞(秋)の予想。


7つ目のG1戴冠を目指すウオッカ。能力は断然でも、競馬は展開で負けることがあるというのは、前走を引き合いに出す必要もないが、今回も展開は苦しい。
4枠7番と、なかなかの好位置に入ったが、周りを見回せば逃げそうな馬は1頭もいない。おそらく好スタートから飛び出してしまうだろう。コスモバルクが行ってくれること祈りたいところではあるが、スタートは間違いなくウオッカの方が良い。逃げの展開となると最後にちょろっと差される可能性が高い。能力断然でもウオッカは○対抗評価まで。
本命は◎キャプテントゥーレ。前日6番人気に甘んじているが、この馬は強い。皐月賞後の骨折長期休養から復帰して2戦。前走の走りを見る限り、完全に復活、いや、さらに強くなったと見て良いだろう。ウオッカを見ながら進み、最後抜け出す力はある。2000mもベスト。
前日5番人気▲カンパニーが2枠3番という好枠をひいた。この枠番なら前に行くことになるだろうから、いつものG1のように後方からいって4着というガックリ展開にはなるまい。4、5番手追走から前走のような競馬ができれば、悲願達成も夢ではない。
△シンゲンが前日2番人気。今年急上昇して、ウオッカの対抗に推されてきた。休み明けの前走は3着だったが、舞台は得意な左回り東京コース。叩いた上積みがあれば連に絡んでくる可能性は高い。
宝塚記念馬△ドリームジャーニーは前日4番人気の低評価。左回りへの不安と、ちょっと枠が外なのが嫌われているのかもしれないが、能力は古馬屈指のものがある。おそらくエアシェイディとともに最後方からと言うことになると思うが、ペースが上がってくれれば、あっさり差し切っても不思議はない。
というところまでが印。エアシェイディ、サクラメガワンダーは好きな馬なんだけど、枠が外過ぎ。応援馬券は買うと思うけどね。あとは、オウケンブルースリ、マツリダゴッホは実力馬だが、枠が悪い。その他の実力馬ではスクリーンヒーローが要注意。
馬券はものすごい点数買いそうな予感がする。