« | »

2009.08.30

キーンランドC、新潟記念 《重賞レース回顧》

キーンランドCと新潟記念のレース回顧。
今週も金を入れ忘れたので、回顧だけ。


キーンランドC

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 11 ビービーガルダン 牡5 56.0 安藤勝己 1:08.4 34.2 502 +2 2
2 12 ドラゴンウェルズ 牡6 56.0 武幸四郎 1:08.8 1 3/4+1/2 33.9 480 +4 13
3 4 グランプリエンゼル 牝3 51.0 熊沢重文 1:08.9 1/2 34.5 436 +4 1
4 14 プレミアムボックス 牡6 56.0 鮫島良太 1:08.9 ハナ 33.7 534 0 10
5 1 トレノジュビリー 牡6 56.0 岩田康誠 1:08.9 ハナ 34.5 464 +8 3

◎4グランプリエンゼル 1番人気 3着
○1トレノジュビリー 3番人気 5着
▲10ウエスタンビーナス 7番人気 6着
△2エーシンエフダンス 8番人気 11着
△14プレミアムボックス 10番人気 4着
ゲットフルマークスの逃げ。3ハロン33.8秒、4ハロン45.4秒の平均ペース。直線、先行していた2番人気ビービーガルダンが抜け出して快勝。2着には12番人気モルトグランデが入線したが、8着に降着。13番人気ドラゴンウェルズが2着に繰り上がり、波乱となった。
ビービーガルダンは重賞2勝目。3月の阪急杯を勝ったときも休み明けだったし、休み明けが良いのかもしれないね。今日は文句なしの快勝。昨年はこのレースで2着してスプリンターズSで3着。今年は着順を上げてもおかしくない。
俺の本命グランプリエンゼル3着。降着もあってなんとか複勝圏内。51kgという恵量でここまでということだと、古馬に混じってはなかなか厳しいかもしれないね。一回り成長しないと秋以降は難しいだろう。
新潟記念

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 5 ホッコーパドゥシャ 牡7 56.5 江田照男 1:59.6 33.0 476 -6 5
2 6 サンライズベガ 牡5 54.0 池添謙一 1:59.6 クビ 33.3 494 +6 6
3 8 メイショウレガーロ 牡5 55.0 村田一誠 1:59.7 1/2 33.6 464 +4 12
4 16 エアシェイディ 牡8 58.0 後藤浩輝 1:59.7 アタマ 32.7 492 -4 3
5 11 アルコセニョーラ 牝5 54.0 武士沢友治 1:59.7 アタマ 33.0 432 +10 1

◎16エアシェイディ 3番人気 4着
○6サンライズベガ 6番人気 2着
▲5ホッコーパドゥシャ 5番人気 1着
△2マルカシェンク 10番人気 9着
△3ダンスアジョイ 9番人気 7着
メイショウレガーロの逃げ。1000m61.8秒の超スロー。直線、マルカシェンクだけ内に突っ込んだが、17頭は外に広がって叩き合い。激戦の末、5番人気ホッコーパドゥシャが外目から馬群を抜けて伸びて優勝。2着に6番人気サンライズベガ。逃げたメイショウレガーロが粘って3着。
印通りに買ってれば▲-○で当たったんじゃないかと悔やみかけたが、よく考えてみると、金があったらエアシェイディから総流しだったろうから、当たってないわな。
勝ったホッコーパドゥシャは7歳にして重賞初制覇。七夕賞3着、小倉記念2着と、ここのところ調子を上げていたが、ついに重賞制覇。これでサマー2000シリーズのチャンピオン。褒賞金として馬主に4000万円、厩舎関係者に1000万円が入る。
俺の本命エアシェイディ4着。後方2、3番手から。直線大外から32.7秒の脚で追い込んだが、なんといってもペースが遅すぎた。秋も頑張って欲しい。