« | »

2009.08.23

札幌記念、レパードS 《重賞レース回顧と馬券結果》

札幌記念、レパードSのレース回顧と馬券結果。


詳細
札幌記念

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 3 ヤマニンキングリー 牡4 57.0 柴山雄一 2:00.7 35.8 472 -20 7
2 11 ブエナビスタ 牝3 52.0 安藤勝己 2:00.7 クビ 35.1 454 +8 1
3 4 サクラオリオン 牡7 57.0 秋山真一郎 2:00.8 3/4 35.3 474 -2 4
4 6 マンハッタンスカイ 牡5 57.0 吉田稔 2:00.8 アタマ 36.1 532 +4 10
5 12 トーセンキャプテン 牡5 57.0 藤岡佑介 2:00.9 クビ 35.1 500 +2 13

◎13ミヤビランベリ 3番人気 14着
○11ブエナビスタ 1番人気 2着
▲9タスカータソルテ 5番人気 15着
△4サクラオリオン 4番人気 3着
△14マツリダゴッホ 2番人気 9着
口座に金を入れ忘れたので、単勝だけ購入。
ドリームサンデーの逃げ。1000m60.2秒の遅めのペース。直線、先行勢が粘るところを外から1番人気ブエナビスタが猛追するも、馬群を突き抜けたのは7番人気ヤマニンキングリー。ブエナビスタをクビ差抑えて快勝。3着4番人気サクラオリオン。
勝ったヤマニンキングリーは重賞2勝目。G3で3連続2着を続けていたが、今日はスカッと勝ちきった。馬体重が-20kgと、体調が良くないのかと思われたが、このくらいの方が良いのかもしれないね。秋も楽しみな馬だ。
俺の本命ミヤビランベリ14着。スタートで躓き。5、6番手を進んだが、4角手前でもう手応え無し。逃げるにせよ、先行するにせよ、スムーズに行けないとダメなタイプ。
1番人気ブエナビスタ2着。スタートは五分。後方から進み、直線は外を回ったが届かず。ペースも緩かったが、追い込みの効きにくい馬場が応えたか。凱旋門賞を見据えての出走なので仕上げてはいなかったのだろうが、それなりの走りを見せてくれたのでひと安心といったところか。遠征頑張って欲しいね。
レパードS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 10 トランセンド 牡3 56.0 松岡正海 1:49.5 37.2 510 -2 1
2 4 スーニ 牡3 56.0 川田将雅 1:50.0 3 37.6 468 -5 3
3 6 スタッドジェルラン 牡3 56.0 佐藤哲三 1:50.1 3/4 37.7 478 -2 7
4 1 アドバンスウェイ 牡3 56.0 後藤浩輝 1:50.3 1 1/2 38.2 486 -4 4
5 13 ワンダーアキュート 牡3 56.0 小牧太 1:51.9 ハナ+10 38.7 502 +11 8

◎4スーニ 3番人気 2着
○2シルクメビウス 2番人気 10着(5位入線降着)
▲10トランセンド 1番人気 1着
新設された3歳のダート重賞。重賞なのかな?。「新設重賞」とは書かれているものの、Jpnの表記も無い。JRAのHPを調べると、「新設重賞となるレパードステークスについては、グレード表記はございません」とある。さらに、
平地の国際重賞競走については、2009年度からG(I、II、III)表記となります。ただし、新設重賞については、表記を「新設重賞」といたします。
また、国際競走ではない平地の重賞競走については、これまでどおりJpn(I、II、III)表記といたします。

だそうで、どうにもよく分からないな。つまり重賞は、
「G1、2、3」という表記の国際重賞
「Jpn1、2、3」というただの重賞
「新設重賞」という国際重賞
の3種類になったわけだ。わけ分からんよ。実際ジャンプ競走も入れればもっとあることになるしな。面倒だからJpn表記は無くせばいいのにね。
さて、レースはアドバンスウェイの逃げ。1000m59.7秒のハイペース。札幌記念より速いね。直線、2番手から抜け出した1番人気トランセンドが後続を突き放して快勝。3馬身差の2着にスーニ。2番人気シルクメビウスが5位入線も10着に降着。
トランセンドは重賞初制覇。ダートはこれで4戦4勝。非常に強い内容で、この先どこまで行けるか楽しみ。
俺の本命スーニは2着。どうも2歳の頃の強さが薄れてきているね。