« | »

2009.06.07

安田記念 《G1レース回顧》

安田記念のレース回顧。


安田記念

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 3 ウオッカ 牝5 56.0 武豊 1:33.5 35.7 492 -2 1
2 6 ディープスカイ 牡4 58.0 四位洋文 1:33.6 3/4 35.5 524 +14 2
3 4 ファリダット 牡4 58.0 安藤勝己 1:33.8 1 35.3 470 +4 10
4 9 カンパニー 牡8 58.0 横山典弘 1:33.8 ハナ 35.5 468 -2 4
5 7 ライブコンサート せん5 58.0 和田竜二 1:34.0 1 1/2 35.8 476 -2 15

◎3ウオッカ 1番人気 1着
○6ディープスカイ 2番人気 2着
▲17ローレルゲレイロ 6番人気 15着
△2スマイルジャック 5番人気 9着
△9カンパニー 4番人気 4着
△13スーパーホーネット 3番人気 7着
本当に凄い馬だ。ウオッカ。こんなに凄い牝馬は見たことがない。強さは間違いないが、それ以上に「華」がある。たとえば今日のレースも、前が詰まって負けてもおかしくないような展開だったが、驚くような我慢強さで馬群を縫って突き抜けた。(他の馬の邪魔をしなかったのがまた素晴らしい)。それだけなら只の強い馬なのだろうが、G1でこんな展開になってしまうところが、この馬の持つ華なのだろう。
去年の天皇賞のように大激戦戦を演じたり、前走のように突き放して勝ったり、今日のように苦境を乗り越えたり。魅せるレースが多い。やっぱりこの馬はスターだよね。
晴れて急速に馬場が乾いて良馬場。とはいえ、ここのところの雨で、とくに内側はだいぶ痛んでいるようだ。
コンゴウリキシオーが押して先行。3ハロン33.4秒、4ハロン45.3秒、5ハロン57.4秒。馬場を考えるとハイペースだろう。先行勢が固まって直線へ。中団から上手く2番人気ディープスカイが抜け出して後続を引き離しにかかるが、前が詰まった1番人気ウオッカが馬群を縫うようにして伸びてきて、一瞬にしてディープスカイを抜き去って快勝。3着10番人気ファリダット。
ウオッカは安田記念連覇。そして6個目のG1制覇となった。この馬についていうことは何もない。このあとはおそらく休養に入って天皇賞(秋)、JCで引退だと思われるが、とにかく無事に走って、繁殖に上がって欲しい。そして豊の乗り方には批判が集まるだろうが、今日のところは仕方がなかったんじゃないかなと思う。枠が悪すぎたし、道中も外に出せそうなところがまったく無かったしね。それよりも、他の騎手なら他の馬を吹き飛ばして飛んでくるような展開のところ、迷惑を掛けずに縫うように差し切った技量を褒めても良いくらいではないかなと思うが、それは俺が豊ファンだからかな?。
2着のディープスカイはよく走った方だと思う。+14kg。俺の見た目には明らかに太かったが、そうでもないのかしら?。たいていこの手の人気馬がプラス体重だと「全然太くない」と解説者は言うわけだけど、今日のディープスカイは太かったよなぁ。ここを叩いて宝塚記念という形になるだろうが、ウオッカがいなければ楽勝だろう。
3着のファリダットは道中最後方から。人気薄の気楽さで突っ込んできたとも言えるが、良い脚だった。ペースが速かったのが良かったし、馬場が悪いのも苦にしないタイプなのだろう。
昨日の予想で書いたとおり、4番人気カンパニーは4着。後方4番手くらいから良く伸びたが、前には届かず。G1になると必ず後ろからいって4着付近という結果なわけだが、分かっててやってるのだろうか?。
3番人気スーパーホーネット7着。中団後方から。残念だけど騎手を替えた方がいい。
▲ローレルゲレイロ15着。2番手から。ペースが速すぎたし、馬場が悪いとダメなタイプだね。秋のスプリンターズS、マイルCSを楽しみにしよう。