« | »

2009.05.16

ヴィクトリアマイル 《G1レース予想》

ヴィクトリアマイルの予想。


このあと雨が降るのか降らないのか分からないが、そんなことは関係なく、ウオッカにとっては負けられない1戦。最強のライバル、ダイワスカーレットが引退した今、古馬戦線の中心はこの馬をおいて他にいない。そんな馬が牝馬限定戦、しかもかなり手薄なここで負けることは許されないだろう。そんな状況を反映して、ウオッカの前日単勝オッズは1.8倍。圧倒的1番人気だ。
相手は難しい。実力的にはカワカミプリンセス、リトルアマポーラの2頭が最右翼で、どちらの馬も前日オッズ8.0倍と並んでいる。だが両馬とも前走は負けていて、調子の面は未知数だ。だからといって、その他の馬にウオッカを負かすことができるかといえば、そんな絵は思い浮かばない。実力的に開きは大きい。
となると、◎ウオッカ、○カワカミプリンセス、▲リトルアマポーラ、という予想で良いんじゃないかと思うが、これでは面白くも何ともない。もちろんウオッカが圧勝した方が競馬的には良いのだが、馬券的につまらない。
ということで、本命は◎レジネッタで行くことにする。前日5番人気。ここのところ、この馬の良いところが出ていないが、前走は1400m戦で5着と、復調気配。桜花賞以来の1600m戦で条件的にもベストと見る。意外に人気になっているが、17番枠だし気楽に後方から人気馬を見つつレースを進めて欲しい。
相手に○ウオッカ。負けられないレースだが、2着に敗れた去年もそんなことを言われていた。おそらくペースは速くならないので、先行することになると思うが、後方待機勢に差される可能性も無くはないだろう。道悪も未知数で、1.8倍は人気がかぶりすぎといえるだろう。
▲カワカミプリンセスは、内枠でかつ騎手が横山じゃなかったら本命にするつもりだった。ところが残念なことに外枠で横山なので3番手評価まで。おそらく後方からいって、また脚を余すことになると思う。
△リトルアマポーラは脚の使いどころが難しい馬なんじゃないかと思う。前走の負け方は、休み明けえ牡馬混合とはいえちょっと不甲斐なかったし、馬体重が減っていたのも気がかりだ。
準オープンを勝ったばかりの△ショウナンラノビアが6番人気になっている。現在の古馬牝馬戦線の手薄ぶりをよく表している。この馬が逃げることになりそうだが、おそらく今の善臣なら溜め逃げでスローペースを演出することになるだろう。ウオッカの目標にされて勝ち切るほどの力があるのかは未知数だが、△評価あたりが妥当と見る。
以下、印は打たないがマイネレーツェル、ザレマ、ジョリーダンスあたりも上位進出の可能性はあるだろう。
馬券はレジネッタから総流しのみ。