« | »

2009.05.03

天皇賞(春)《G1レース回顧》

天皇賞(春)のレース回顧。競馬場に行っていたので、ショットは無し。


天皇賞(春)

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 2 マイネルキッツ 牡6 58.0 松岡正海 3:14.4 34.9 494 -8 12
2 4 アルナスライン 牡5 58.0 蛯名正義 3:14.4 クビ 34.8 542 -4 4
3 12 ドリームジャーニー 牡5 58.0 池添謙一 3:14.7 1 3/4 34.9 426 -2 5
4 1 サンライズマックス 牡5 58.0 福永祐一 3:14.7 ハナ 34.6 444 -10 10
5 3 ジャガーメイル 牡5 58.0 安藤勝己 3:14.8 1/2 34.5 478 +8 6

◎16スクリーンヒーロー 2番人気 14着
○12ドリームジャーニー 5番人気 3着
▲17アサクサキングス 1番人気 9着
△2マイネルキッツ 12番人気 1着
△4アルナスライン 4番人気 2着
△10ゼンノグッドウッド 9番人気 11着
晴れの良馬場。逃げたのはテイエムプリキュアではなくシルクフェイマス。1000m60.2秒、2000m122.7秒。去年よりちょっと速いペース。平均くらいと言っていいかな。3、4コーナーで有力馬が進出。アサクサキングス、スクリーンヒーローも先頭に並んで直線へ。直線は大激戦。外目から4番人気アルナスラインが伸びて先頭に立ちかけるが、内から12番人気マイネルキッツが伸びてそのままクビ差リードを保って優勝。3着は後方から5番人気ドリームジャーニー。
勝ったマイネルキッツはG1初制覇、というか重賞さえ初制覇。中団につけ、上手く内を突いて伸びた。アルナスラインとは、内外の差だけという感じだったので、今日は松岡騎手が上手く乗ったと言っていいだろう。2、3着の多いタイプなのだが、今日は前も崩れて、最高の結果となった。今後もG1戦線で有力な存在、ということにはならないだろうが、ハマれば今日のように爆発してもおかしくないのかもしれない。
2着アルナスライン。前走の日経賞で負かした相手に負けてしまったわけだが、この馬は今日は実に頑張った。先行馬総崩れの流れで、前目にいた馬のなか唯一頭残ったのは素晴らしい結果だ。とくに長い距離に向いたタイプなのだろう。次走の宝塚では距離が足りないかもしれない。
3着ドリームジャーニー。後方から。外を回って追い込んだが、時すでに遅し。だが、距離に問題はなかったし、よく走ったと思う。宝塚に出るようなら要注意だと思う。
俺の本命スクリーンヒーロー14着。先行。直線入り口では先頭に並んだが、最後までまったく伸びず。流れが合わなかったのだろうし、このようにスタミナ勝負になるとちょっと厳しかったのかもしれない。
1番人気アサクサキングス9着。スクリーンヒーローと同じように3、4コーナーで進出。先頭で直線に入ったが、伸びず。ペースの問題もあるだろうが、疲れもあったのかもしれない。
ちなみに馬券はスクリーンから馬連、3連単のほかに、日経賞組のマイネル、アルナス、モンテの3連単ボックスを買っていたんだよね。日経賞組がくさいとは思ってたんだけど、買い方を間違えたなぁ。
低調な長距離戦線、と昨日の予想で書いたが、それを証明するように重賞未勝利馬の勝利で終わった天皇賞(春)。距離を見直す時期に来てるんじゃないかと思うんだが、どうかね?。