« | »

2009.04.05

大阪杯、ダービー卿CT 《重賞レース回顧と馬券結果》

大阪杯とダービー卿CTのレース回顧と馬券結果。


詳細
大阪杯

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 8 ドリームジャーニー 牡5 57.0 池添謙一 1:59.7 34.0 428 0 3
2 11 ディープスカイ 牡4 59.0 四位洋文 1:59.7 クビ 34.2 510 -8 1
3 2 カワカミプリンセス 牝6 55.0 横山典弘 2:00.0 2 33.8 480 -8 4
4 4 アドマイヤフジ 牡7 57.0 川田将雅 2:00.0 ハナ 34.8 536 +6 7
5 10 ダイシングロウ 牡5 57.0 藤岡佑介 2:00.1 クビ 34.1 506 +4 9

◎11ディープスカイ 1番人気 2着
○2カワカミプリンセス 4番人気 3着
▲3サンライズマックス 5番人気 8着
ヴィクトリーの逃げ。1000m60秒ジャスト。前日に降った雨で、良馬場ながらちょっと重い馬場状態だったらしく、平均くらいのペースか。4角手前でヴィクトリーが追いつかれて直線へ。内からマツリダゴッホが伸びかけるが、馬場の真ん中を1番人気ディープスカイと3番人気ドリームジャーニーが伸びて叩き合い。最後はクビ差ドリームジャーニーがかわして勝利。3着に後方からカワカミプリンセス。
勝ったドリームジャーニーはこれで重賞5勝目。道中ディープスカイを見ながら進み、最後まで良く伸びた。池添騎手の乗り方も良かったが、なにより斤量差が2kgあったのが大きかった。この後はディープスカイ同様に、安田記念、宝塚記念と進むのだろうが、同斤でどうかね?。
ディープスカイ2着。59kg、休み明けということで割り引いて見なければならないのだろうが、負けるとはちょっと意外だった。次は安田記念ということだが、マイルのスピード競馬で時の勝負になるとちょっときついような気もする。
3着カワカミプリンセスは出脚がつかず後方2番手から。直線だけ追い込んで3着。前走も4角で後方に置かれたが、ここのところ脚を余して負けているように見える。横山典騎手はカワカミプリンセスに合ってないような気がするね。
2番人気マツリダゴッホ7着。3番手追走。かなりかかってるように見えた。直線は内を突いたが伸びず。
ダービー卿CT

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 4 タケミカヅチ 牡4 56.0 柴田善臣 1:33.7 34.7 510 -4 1
2 12 マイネルファルケ 牡4 54.0 津村明秀 1:33.7 クビ 34.8 526 -8 7
3 5 マヤノライジン 牡8 56.0 藤田伸二 1:33.8 1/2 34.8 474 +4 12
4 11 キャプテンベガ 牡6 56.0 吉田豊 1:33.8 アタマ 34.6 446 -2 6
5 7 リザーブカード 牡6 56.5 内田博幸 1:33.9 クビ 34.7 500 +4 3

◎11キャプテンベガ 6番人気 4着
○12マイネルファルケ 7番人気 2着
▲1ショウワモダン 5番人気 8着
△13サイレントプライド 9番人気 9着
△14レッツゴーキリシマ 4番人気 13着
マヤノツルギの逃げ。3ハロン35.2秒、4ハロン46.8秒。平均くらい。レッツゴーキリシマが控えて中団からになったので、ペースが落ち着いたね。一団のまま直線へ。7番人気マイネルファルケがいったん抜け出すが、馬群の中から1番人気タケミカヅチが伸びて、マイネルファルケをクビ差かわして勝利。3着は12番人気マヤノライジン。
タケミカヅチは重賞初制覇。というかこれが新馬戦以来の2勝目。皐月賞で2着に来たりして能力は示してきていたが、どうにも勝ち味に遅く、なかなか2勝目を挙げられなかった。今日は上手く突き抜けて、最後まで良く伸びた。メンバーにかかわらず好走できるタイプなので、この先も要注意だろう。
俺の本命キャプテンベガ4着。中団から。直線は馬群の真ん中。ちょっと窮屈だったかな。位置取りの問題が響いて、脚を余して負けたという感じ。吉田を乗せるなら弟のほうにしてほしいなぁ。