« | »

2009.03.22

阪神大賞典、スプリングS 《重賞レース回顧と馬券結果》

阪神大賞典とスプリングSのレース回顧と馬券結果。


詳細
阪神大賞典

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 7 アサクサキングス 牡5 58.0 四位洋文 3:13.2 38.3 508 0 2
2 8 ヒカルカザブエ 牡4 56.0 秋山真一郎 3:13.2 ハナ 38.4 472 -14 6
3 11 ナムラクレセント 牡4 56.0 小牧太 3:13.5 1 3/4 38.3 488 +4 4
4 10 スクリーンヒーロー 牡5 59.0 横山典弘 3:14.0 3 39.0 488 0 3
5 2 トウカイトリック 牡7 57.0 和田竜二 3:14.1 クビ 38.6 452 +8 8

◎10スクリーンヒーロー 3番人気 4着
○12オウケンブルースリ 1番人気 7着
▲7アサクサキングス 2番人気 1着
芝重。テイエムプリキュアの果敢な単騎逃げ。大きく離れて集団。2週目4角でもまだ差を保ったまま直線へ。集団から6番人気ヒカルカザブエと2番人気アサクサキングスが抜け出して叩き合い。最後はハナ差アサクサキングスがヒカルカザブエをおさえて勝利。
アサクサキングスは前走京都記念に続く重賞連勝。中団待機。2週目3コーナー前から仕掛けて、最後まで伸びた。こうした積極的な競馬があってるね。次走は天皇賞(春)だと思うが、最有力の1頭だろう。
俺の本命3番人気スクリーンヒーロー4着。後方集団の前目。しかし4角の動きが今ひとつで、直線もあまり伸びず。休み明け、59kg、重馬場と色々敗因は考えられるが、とにかく次走はもうちょっと良くなるような気がする。
1番人気オウケンブルースリ7着。勝ち馬と同じような位置取りから、全く伸びず。休み明けが響いたかな?。
スプリングS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 12 アンライバルド 牡3 56.0 岩田康誠 1:50.8 34.5 478 +2 1
2 7 レッドスパーダ 牡3 56.0 北村宏司 1:50.9 1/2 35.1 508 -14 8
3 2 フィフスペトル 牡3 56.0 武豊 1:51.0 3/4 34.5 456 +6 2
4 14 サンカルロ 牡3 56.0 吉田豊 1:51.0 アタマ 34.7 492 +6 4
5 16 セイクリッドバレー 牡3 56.0 勝浦正樹 1:51.1 クビ 34.4 488 +2 11

◎2フィフスペトル 2番人気 3着
○12アンライバルド 1番人気 1着
▲1リクエストソング 3番人気 7着
△4マイネルエルフ 10番人気 6着
△14 サンカルロ 4番人気 4着
雨の良馬場。リスペクトキャット、レッドスパーダあたりが逃げるが、ほとんど一団のまま。4ハロン49.6秒、5ハロン62.6秒の超スローペース。一団のまま直線へ。馬群のなかから1番人気アンライバルドが鋭く伸びて快勝。2着に先行して最後盛り返した8番人気レッドスパーダ。3着後方からフィフスペトル。
アンライバルドは重賞初制覇。これで4戦3勝。フサイチコンコルドの下という血統だけに、人気にもなりそうだ。ロジユニヴァースとの力の比較は現段階では何とも言えないね。このレースも弥生賞も超スローだったことを考えれば、本番ではまだまだ伏兵が出てくる可能性はありそう。
俺の本命2番人気フィフスペトル3着。後方から。この超スローな流れの中、よく3着まで来たという感じ。休み明けだったし、まだ良くなりそう。今のところ俺の皐月賞は、この馬と昨日の若葉S2着のトライアンフマーチを中心にする予定。