« | »

2009.02.21

京都記念、クイーンC 《重賞レース回顧》

京都記念とクイーンCのレース回顧。競馬場に行っていたのでショットは無し。


京都記念

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 9 アサクサキングス 牡5 58.0 四位洋文 2:14.6 35.6 508 +10 3
2 11 サクラメガワンダー 牡6 57.0 福永祐一 2:14.6 クビ 35.4 496 +4 1
3 12 ヴィクトリー 牡5 58.0 川田将雅 2:14.8 1 36.2 492 +4 9
4 7 カワカミプリンセス 牝6 55.0 横山典弘 2:14.9 1/2 35.6 488 0 2
5 8 タスカータソルテ 牡5 58.0 デムーロ 2:15.5 3 1/2 35.3 464 +4 4

◎11サクラメガワンダー 1番人気 2着
○7カワカミプリンセス 2番人気 4着
▲6アドマイヤオーラ 競走除外
△8タスカータソルテ 4番人気 5着
△9アサクサキングス 3番人気 1着
良馬場に回復。ヴィクトリーが果敢に逃げ。1000m60.7秒のスロー。直線は横に広がって激戦。内でヴィクトリーが粘るなか、先行勢から3番人気アサクサキングスが馬場の真ん中を伸びて、追いすがる1番人気サクラメガワンダーをクビ差振り切って勝利。3着にヴィクトリー。
勝ったアサクサキングスは3歳の菊花賞以来、1年4ヶ月ぶりの勝利。ここのところ消極的な競馬を続けていたが、今日は積極的で良い競馬だった。四位騎手の騎乗はムラがあるのでアテにしづらいが、このような競馬がG1でできれば、去年のようなことはないように思う。
俺の本命1番人気サクラメガワンダー2着。中団から。4角から勝ち馬と一緒に仕掛けたが、交わしきれなかった。関西では走る馬なので、宝塚は要注意。
2番人気カワカミプリンセス4着。内目の3、4番手を追走していたが、3、4コーナーで謎の後退。最後だけ盛り返して4着。なんだったのだろう一体?。
アドマイヤオーラ競走除外。
クイーンC

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上がり 馬体重 人気
1 11 ディアジーナ 牝3 54.0 内田博幸 1:35.7 34.7 480 +4 4
2 9 ダノンベルベール 牝3 55.0 後藤浩輝 1:35.7 クビ 34.6 452 +4 2
3 14 エイブルインレース 牝3 54.0 戸崎圭太 1:35.8 3/4 34.6 472 -12 8
4 12 ミクロコスモス 牝3 54.0 武豊 1:35.9 クビ 34.6 458 +2 1
5 10 アンジュアイル 牝3 54.0 吉田豊 1:36.0 1/2 33.7 462 -4 10

◎1パールシャドウ 3番人気 8着
○15グローリールピナス 7番人気 6着
▲12ミクロコスモス 1番人気 4着
△9ダノンベルベール 2番人気 2着
△11ディアジーナ 4番人気 1着
パールシャドウが立ち後れて、グローリールピナスが先行。4ハロン48.4秒、5ハロン60.8秒。スローペース。直線、2番手に付けていた4番人気ディアジーナが抜け出してそのまま勝利。2着に3番手から2番人気ダノンベルベール。1番人気ミクロコスモスは1、2着馬に前をふさがれて伸びきれず4着。
ディアジーナは前走の500万下に続いての2連勝で重賞制覇を飾った。牝馬に活躍馬の多いメジロマックイーンの産駒。マックイーンは2006年に亡くなったので、この世代がラストクロップかなと思ったら、軽種馬登録協会のHPによると2歳世代も2頭ほどいるようだ。父系を繋ぐことは難しい状況だけど、娘たちがその血を繋げていくだろう。ということで、ディアジーナも頑張って良い成績を残して、マックイーンの血を後世に残す牝馬になって欲しいと思っている。あれ?、マックイーンの話になっちゃったよ。ディアジーナは先行してなかなかしぶとい脚を使えるタイプなので、クラシック戦線も期待できるだろう。ただ3歳牝馬は強力なのが1頭いるのでね。
俺の本命3番人気パールシャドウ8着。先行できるかと踏んでたんだけど、中団後方から。現状は前にいかないと持ち味が出ない感じ。