« | »

2009.01.12

VMware Player 2.5.1とWindows 7 その2

VMware PlayerにWindows 7βをインストールしてみた。その2。

エクスペリエンスインデックスは「1.0」。VMware Playerだから、グラフィックスが低くなるのはしょうがないな。


いくつかアプリケーションをインストールしてみた。

Google Chrome。Windows 7でも普通にインストールできた。
動きはやはりIE8より断然良い。
ニコニコの動きも、IE8や下のFirefoxよりも滑らかな気がする。

Firefox。こちらも普通にインストールできた。
ニコニコの動きはIE8と同レベル。多少カクつくかなという感じ。
ただ、上のChromeもそうだが、この辺の評価はホントは同時にやらないと意味がないんだよね。厳密には後ろで動いてるプロセスとかも違うし。
なので、あくまでも印象って事で。

AdobeのReader。PDFも普通に見れる。
なお、外付けDVDドライブがどうしても繋がらないんだよねぇ。そもそもドライバのあるものではないので、この辺はMS待ちということになるんだろうか?。

ドライブが繋がらないとどうしようもないので、やむなくvobファイルを共有フォルダからコピーして、Windows Media PlayerVLCメディアプレイヤーへ。
一応映るし、音も出るが、カクカクだ。音も不安定。グラフィックス機能が弱いのでしょうがないね。再生支援機能も効かないだろうし。まぁこれはWindows 7の問題ではなく、クライアントの問題だね。
※1/13修正。Windows Media Playerではvobファイルが読めなかったので、VLCメディアプレイヤーをインストールして動かしたんだった…。

wmvファイルの再生。ちょっと動きが重い気もするが視聴に問題はない。

DivX Player。動かないかと思ったら動いた。
なんか、やけにどのアプリケーションも動くね。