« | »

2008.12.28

VMWare Player2.5.1とCentOS 5

VMWare Player2.5.1にCentOS 5をインストール。ちなみに試そうと思っていたディストリビューションはこれが最後。


結構苦労した。インストールの前のISOのダウンロードが大変で…。CD6枚分というのは結構キツイ。1時間以上掛かったわ。
インストールはいつもどおり。Qemuでvmdkを作り、vmxファイルは手書きで。

画面の解像度の設定が独特だった。「画面の解像度」でいきなり設定しようと思うと「800×600」と「600×480」しか選べないのだが、先にディスプレイの設定をしてからやると変更できるようになる。
どうもフォントがあんまり綺麗じゃない気がするが、その辺は明日。

ニコニコ動画も普通に見れた。で、驚いたことに、FedoraやUbuntuよりも安定した感じ。音も揺らぎがない。

しかも他のLinux上では必ず出ていたモアレのような現象が、CentOSでは出なかった。音と動画に関しては一番安定してるかも。
ただし、どうもあんまり綺麗に再生されて無いようなので、その辺は調べないと分からんな。

外付けドライブももちろん認識。CDは普通に再生できた。音の揺らぎは無い。
ただ、DVDの再生が出来ず。「Libdvd」を入れようと思ったら、一覧に無いし…。もうちょっと調べたかったが、もう朝の4時なので、DVDについては明日以降だな。