« | »

2008.12.14

阪神ジュベナイルフィリーズ、カペラS 《Jpn1、重賞レース回顧と馬券結果》

阪神ジュベナイルフィリーズとカペラSのレース回顧と馬券結果。


詳細
カペラS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 2 ビクトリーテツニー 牡4 56.0 横山典弘 1:08.7 482 -4 4
2 7 スリーアベニュー 牡6 56.0 田中勝春 1:09.0 1 3/4 504 -6 7
3 6 フジノウェーブ 牡6 58.0 御神本訓史 1:09.1 3/4 478 0 8
4 1 リミットレスビッド 牡9 57.0 蛯名正義 1:09.2 クビ 502 -7 11
5 5 ナンヨーヒルトップ 牡3 55.0 柴田善臣 1:09.2 ハナ 504 +4 3

◎11ダイワエンパイア 1番人気 12着
○10カルナバリート 2番人気 13着
▲6フジノウェーブ 8番人気 3着
△2ビクトリーテツニー 4番人気 1着
△4トロピカルライト 5番人気 9着
新設のダート重賞。といっても実質的には1月に行われていたガーネットSの施行時期移動と考えて良い。(実際ガーネットSはこの重賞の新設で廃止)。で、新設するならいっそコースや距離を考え直して欲しかったなぁ。スタートして100mくらい芝を走るなんて、ダート競走なのにおかしいんじゃない?という批判はいたるところであって、JCダートは阪神へ移動したことにより解消されたが、このレースはそのままなんだね。JRAってこういうところが役所なんだよなぁ。
レースはトロピカルライトが先行。重だったこともあってかなりのハイペース。直線粘る先行勢を、外からまとめて4番人気ビクトリーテツニーが豪快に差し切って圧勝。2着に7番人気スリーアベニュー。
ビクトリーテツニーはレコード勝ちで重賞初制覇。重馬場ということもあったが、後方から大外回って素晴らしい切れ味だった。1600万下から2連勝。
俺の本命1番人気ダイワエンパイア12着。先行したがズルズル後退。ペースもあっただろうが、+18kgはちょっと太かった。圧倒的1番人気確実なんだから、もうちょっとちゃんと仕上げてくれないとなぁ。松山康師は5年位前までは素晴らしい調教師だったんだけど最近イマイチだね。
阪神ジュベナイルフィリーズ

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 13 ブエナビスタ 牝2 54.0 安藤勝己 1:35.2 450 0 1
2 2 ダノンベルベール 牝2 54.0 後藤浩輝 1:35.6 2 1/2 448 -8 3
3 9 ミクロコスモス 牝2 54.0 鮫島良太 1:35.8 1 1/4 454 +2 4
4 7 ショウナンカッサイ 牝2 54.0 幸英明 1:36.0 1 1/4 440 -4 10
5 5 イナズマアマリリス 牝2 54.0 吉田豊 1:36.2 1 1/2 434 0 8

◎6ルシュクル 7番人気 11着
○13ブエナビスタ 1番人気 1着
▲7ショウナンカッサイ 10番人気 4着
△2ダノンベルベール 3番人気 2着
△5イナズマアマリリス 8番人気 5着
本命馬以外は全部きたんだけどなぁ。いかんね。
晴れの良馬場。シゲルキリガミネの逃げ。3ハロン35.2秒、4ハロン47.3秒、5ハロン59.6秒。スローペース。直線先行勢が内で粘るなか、大外から1番人気ブエナビスタが飛んできて快勝。2馬身半差の2着に3番人気ダノンベルベール。3着にミクロコスモス。割と堅い決着に。
勝ったブエナビスタは未勝利戦からの連勝でJpn1初制覇。今日は出遅れもなくすんなりスタート。後方3番手待機から、大外を回っての圧勝劇。今日はモノが違ったという感じだね。現段階では相手関係がなんとも言えないが、早くも桜の女王筆頭候補というところだろう。勝ちタイムが1分35秒2と、去年より1秒4、一昨年のウオッカより2秒1も遅く、さらに、同条件の先週の2歳500万下千両賞より0.5秒も遅いというのが気掛かりだが、テレビ曰く今週は時計がかかる馬場らしいので、まぁそれほど問題はないかもしれない。(もっともこの解説者の言うことはほとんど信用できないわけだが)。母ビワハイジに続く母娘制覇。アドマイヤオーラの半妹という良血馬だけにこの先も楽しみだね。
俺の本命7番人気ルシュクル11着。入れ込み。2番手の良い位置で直線を向いたが伸びず。力んで走りすぎかな。
10番人気▲ショウナンカッサイの方は良いレースをしたね。一旦直線で下がりかけたけど、最後はもうひと伸びした。