« | »

2008.11.30

ジャパンC 《G1レース回顧と馬券結果》

ジャパンCのレース回顧と馬券結果。


ジャパンC
詳細
詳細

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 16 スクリーンヒーロー 牡4 57.0 デムーロ 2:25.5 486 +2 9
2 9 ディープスカイ 牡3 55.0 四位洋文 2:25.6 1/2 518 +8 1
3 4 ウオッカ 牝4 55.0 岩田康誠 2:25.7 3/4 488 -2 2
4 13 マツリダゴッホ 牡5 57.0 蛯名正義 2:25.7 アタマ 492 +2 5
5 1 オウケンブルースリ 牡3 55.0 内田博幸 2:25.8 クビ 482 -2 4

◎15アサクサキングス 6番人気 8着
○4ウオッカ 2番人気 3着
▲14ペイパルブル 7番人気 14着
△2メイショウサムソン 3番人気 6着
△9ディープスカイ 1番人気 2着
まずは馬券の結果(と愚痴)から。昨日の予想で特注馬としたスクリーンヒーローからのワイド総流しで2点的中。9-16で1,770円、4-16で2,260円。つかないねぇ。ギリギリまでスクリーンヒーローは複勝にするか悩んだんだけど、結局ワイドにしちゃったんだよね。スクリーンが来るようなら荒れるだろうと踏んだのが痛かった。複勝710円もついたのになぁ。ちなみにこのほかにアサクサキングスからの馬連総流しも買っているので、結構な赤字。
「豪華メンバー」と随分テレビでは喧伝していたようだけど、豪華っていうのはちょっと違うんじゃないかな?。ジャパンCはそもそも外国馬との戦いのために作られたレースで、そういう意味では外国から強力なメンバーが来ていないここ数年は、主旨的に失敗しているといえる。その辺を100歩譲ったとしても「豪華」「史上最強」というのはちょっと疑問だ。たしかに国内馬は3世代のダービーが出たし、G1馬も多かった。しかしダイワスカーレットが出ていないという事実は見逃せない。実況アナウンサーが「これ以上ないメンバー」と言っていたが、そんなことはまったくないわけで、ダイワスカーレット抜きのメンバーで、豪華とか最強メンバーとかそういう表現はおかしい。たしかに良いメンバーだったけどね。
さてレース。ネヴァブションが先行。1000m61.8秒はここ10年で3番目に遅いペースで、(もっとも遅かったのは2000年のテイエムオペラオーが勝ったときで1000m63.0秒。2番目に遅かったのは重馬場だった2003年の61.9秒)、遅かった去年、一昨年よりさらに遅い、超スローペース。
ほとんど一団のまま直線へ。先行したマツリダゴッホが先頭に立ちかけるが、外からディープスカイ、内からウオッカも伸びる。残り200mを切って、マツリダゴッホをかわして9番人気スクリーンヒーローが先頭に。外から伸びてきた1番人気ディープスカイの追撃を退けてそのままゴール。3着にウオッカ、4着にマツリダゴッホ。
スクリーンヒーローはG1初制覇。前走アルゼンチン共和国杯を準オープンの身で勝って重賞初勝利を挙げて、連勝でのG1勝ちとなった。たしかに昨日特注馬としたけど、まさか勝つとは思わなかったなぁ。ただ調教のVTRは素晴らしく良く見えたので、その通り出来が良かったのだろう。(ちなみにアサクサとペイパルも良く見えたので、俺の調教を見る目が突然良くなったということではないだろう)。5、6番手につけて、正攻法での勝利。デムーロの追い出しのタイミングなども良かったのだろうが、今日は馬を褒めるべきだね。実際のところは、ペースがあまりに遅く、勝ちタイムも平凡なので上位に来れたというところがあると思うが、錚々たるG1馬相手に勝ちきったことは素晴らしいことだ。
2着のディープスカイは惜しい競馬だった。今回は体重減らしてくるだろうと思っていたのだが、+8kg。1番人気に推されるのも分かるような好馬体で、さすがに若いだけあって前走激走の疲れもなかったようだ。今日は中団後方の位置取り。外を回って伸びてきたが、メンバー唯一頭33秒台の末脚も届かなかった。ペースに敗れた、ということになるが、もうちょっと前目につけていれば、という人も出てくるかもしれないね。良いレースをしたとは思うが、1番人気の馬に求められるのは勝利だ。有馬記念に出るのか、休養なのかは分からないが、この先も中長距離戦線の主役の一頭だ。
3着に2番人気のウオッカ。1番人気になるかと思っていたが、最終は2番人気。3番手追走の良い形から直線を向いたが、最後まで伸び切れなかった。疲れなのか、距離的な問題なのかは分からない。ただ現状だとやはり2000mくらいまでがベストなんじゃないかと思う。こちらはこれで休養だろうが、また来年もターフを沸かして欲しいね。
4着5番人気マツリダゴッホ。積極的に先行。4番手から直線一旦先頭に立ったが最後は失速。休み明けだったし、次はもっと良くなる。といっても次は1番人気確実の有馬記念だけに、馬券的な美味しさはないね。有馬記念ではダイワスカーレットと一騎打ちだな。
菊花賞馬4番人気オウケンブルースリが5着。中団前目につけていたんだけど、直線は伸びなかった。疲れがありそうな気がする。あとやっぱりこの馬は平均ペース以上の後方から追い込んでくる方があっているのだと思う。
3番人気メイショウサムソン6着。調子、ローテーション、鞍上など色々ありすぎて敗因が分かりにくいが、どうもこの馬はこの季節が良くないように思えるね。有馬記念で馬券的にどうするかが非常に悩みどころだ。
俺の本命6番人気アサクサキングス8着。敗因は出が悪かったことに尽きるだろう。このペースなら先行しないとね。枠も良くなかったかもしれないね。次も狙ってみたい馬ではある。
3世代のダービー馬の戦いは、結局3頭とも勝利できないという結果に終わった。勝った馬は穴馬だし、ペースも遅く勝ちタイムも平凡という、なかなか評価の難しいレースだったけど、ディープスカイ、ウオッカあたりは力を出したし、この先に繋がるG1だったと言ってもいいだろう。