« | »

2008.11.22

マイルCS 《G1レース予想》

マイルCSのレース予想。


最近の短距離戦線の層の薄さを表すかのように寂しいメンバーだが、それゆえにかなりの混戦ムードだ。
前日1番人気はスーパーホーネットで2.5倍と人気を集めている。去年のマイルCSは惜しい2着、前走ではウオッカに勝っているのだから、人気も当然だ。しかしどうもこの馬がG1を勝つ姿が想像できないんだよねぇ。たしかに強いが、今年の安田記念の大敗(8着)を見ていると、G1には縁が無さそうに思う。○対抗評価まで。
2番人気はカンパニー。だが7.7倍と、離れた人気だ。前走天皇賞(秋)ではゴール前猛然と追い込んできてクビ差の4着。前3頭が強すぎたが、それにしてもこの馬も良い脚だった。この秋は毎日王冠5着、天皇賞(秋)4着だが、休み明けの毎日王冠が-16kgで前走が+10kg。7歳馬にしては体重の変動が大きすぎるのが気掛かりなところで、前走の反動も気になる。ここは△が妥当か。
本命は◎ローレルゲレイロ。前日9.9倍はスズカフェニックスと並ぶ3番人気。今年は期待された高松宮記念が4着。骨折放牧明けの前走スワンSで2着。1回叩いてさらに上昇するだろうし、先行するこの馬にとって1枠1番は好枠だ。コンゴウリキシオーがいくだろうから、それを見ながらじっくり進めれば、この馬にも充分に勝機はある。
3番手には▲スマイルジャック抜擢。この秋2戦は惨敗続きだが、ダービーでディープスカイの2着した実力馬。1800m未満では3着を外したことはないだけに、距離短縮は歓迎のはず。前日9番人気と人気は無いが、穴を開けるとすればこの馬と見た。
△スズカフェニックスは前日3番人気。2戦振りに武豊騎乗で怖さもあるが、おそらく今回もそれほどペースは上がらないだろうから、3着までだろう。
△ショウナンアルバあたりにもチャンスはありそう。伏兵も多いが、あまり手広く買う資金も無いのでこの辺までで。
馬券は馬連かな。