« | »

2008.11.15

エリザベス女王杯 《G1レース予想》

エリザベス女王杯のレース予想。


京都の明日の天気予報は、雨のち曇り。天気予報以上に適当かつ疑わしいものもそう無いわけだが、すでに現在雨が降っているということを考えると、明日は良馬場というわけにはいかないだろう。(ちなみに京都の今日の予報は晴れのち曇りで、今雨が降っているということがすでに予報とは違うわけだけどね…)
さて、前日1番人気はカワカミプリンセスで1.9倍。2番人気のポルトフィーノが7.7倍なので、一本被りと言ってもいいほどの人気。長い骨折放牧から戻った今年は、復帰戦の金鯱賞で3着。さぁ宝塚というところで、筋肉痛を発症。秋の緒戦は府中牝馬Sで2着。ようやく順調に本番を迎えられるだけに、人気を集めるのは当然だ。
そして俺の本命も◎カワカミプリンセスだ。3歳時の強さは圧倒的なほどだったが、4歳時の宝塚記念でも、先行馬全滅の流れの中6着に粘り、高い能力を証明している。順調に来た今回、叩いた上積みが望めるし、道悪にも不安はまったく無い。応援している2頭の馬の1頭だけに、馬券的妙味は無いけど、応援するつもりだ。
対抗は○ポルトフィーノ。前日2番人気。本命対抗が人気順になっちゃうけど、まぁしょうがないか。豊人気ということもあるだろうけど、エアグルーヴの仔ということでの人気もあるかもしれないね。桜花賞をハ行で回避。前走復帰緒戦の準オープンを勝っての挑戦となる。能力は相当に高いと思うんだけど、1600mしか走ったことが無い上に、道悪も未知数。本命にはしづらいので対抗まで。
▲エフティマイアは秋華賞5着。しかし勝ったブラックエンブレムとは0.3秒差と、ほとんど差の無いレースだった。今回は蛯名騎手に鞍上が戻るだけに、一発大駆けがあるとすればこの馬ではないかと思い、3番手評価。前日7番人気。
△ベッラレイアは前日3番人気。道悪に対する懸念から人気を下げているのかもしれないね。ただし能力的は上位で、突き抜ける可能性もあるだろう。問題は馬場と騎手だね。
△マイネレーツェルは秋華賞で15着と大敗。道悪のローズSを勝っているし、荒れるようなら上位進出可能だ。
以下印は打たないがムードインディゴ、リトルアマポーラ、レジネッタあたりも不気味な存在で、またかなり混戦になりそうな雰囲気。
馬券は枠連で3-7、4-7、7-8と買うつもり。