« | »

2008.11.08

武蔵野S 《重賞レース回顧》

武蔵野Sのレース回顧。本当は競馬場に行く予定だったんけど金銭的に厳しいので自重。馬券も買わずと。


武蔵野S

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 7 キクノサリーレ 牡3 55.0 後藤浩輝 1:36.0 494 0 5
2 13 サンライズバッカス 牡6 58.0 佐藤哲三 1:36.1 3/4 488 -1 4
3 11 ユビキタス 牡3 56.0 安藤勝己 1:36.2 クビ 564 +2 1
4 4 カルナバリート 牡5 56.0 内田博幸 1:36.3 3/4 518 -2 8
5 2 トーセンブライト 牡7 56.0 藤岡佑介 1:36.4 1/2 490 0 7

◎11ユビキタス 1番人気 3着
○2トーセンブライト 7番人気 5着
▲14アドマイヤスバル 3番人気 8着
△4カルナバリート 8番人気 4着
△6エスケーカントリー 9番人気 7着
カネヒキリの復帰で注目のレース。
アグネスジェダイの逃げ。ユビキタスは2番手。4ハロン46.8秒、5ハロン59.3秒。結構速いペース。一団で直線へ。ユビキタスが抜け出すが、キクノサリーレがグングン伸びてそのままかわして快勝。2着には外からサンライズバッカス、ユビキタスは3着。
キクノサリーレは4連勝で重賞初制覇。5月に未勝利を勝ったばかりの上がり馬。新聞を見る限り、出遅れ癖がありそうに見えたんだけど、普通にスタート。道中4番手から、直線は良く伸びた。まだ3歳馬で、先が非常に楽しみ。ダートは層が厚いな。ジェイドロバリー×ブレイヴェストローマンなら2000mくらいまで大丈夫そうだし、1800mのJCDも要注意だ。
サンライズバッカスは3着だろうと思って印を打たなかったが、最後強襲して2着。この馬は頑張るよね。
俺の本命1番人気ユビキタス3着。前走でこの馬を負かしたバンブーエールがJBCスプリントで快勝したこともあって要注目だったんだけど、結局3着。今日はペースがちょっと向かなかったが、どうも詰めの甘さがありそうだ。まだ3歳なので成長を期待したい。
28ヶ月の休養明けカネヒキリ9着。6、7番手の内に付けて直線を向いたが、ほとんど追われることもなくそのままゴール。ちょっと前が詰まり気味ではあったが、まぁ長期休み明けだし、無理をしなかったというところだろう。最後までしっかりと走っていたし、今日のところは無事回ってきただけよかった。ディープインパクトと同期生だが、ディープインパクト以上の名馬(と俺は思っている)だけに、無事の復活をまずは喜ぼう。次の走りはどうかな。