« | »

2008.10.25

富士S 《重賞レース回顧》

今日も東京競馬場に行っていたので、富士Sはレース回顧だけ。


富士S

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 5 サイレントプライド 牡5 57.0 横山典弘 1:32.7 488 -2 4
2 1 リザーブカード 牡5 56.0 柴山雄一 1:32.7 クビ 494 +4 5
3 15 バトルバニヤン 牡4 56.0 岩田康誠 1:32.8 クビ 490 0 7
4 3 エイシンドーバー 牡6 57.0 内田博幸 1:33.0 1 456 -8 1
5 2 レッツゴーキリシマ 牡3 54.0 幸英明 1:33.0 クビ 470 +12 6

◎7マルカシェンク 2番人気 13着
○3エイシンドーバー 1番人気 4着
▲5サイレントプライド 4番人気 1着
△2レッツゴーキリシマ 6番人気 5着
△11ショウナンアルバ 3番人気 6着
昨日の雨でやや重スタートだった芝も回復して、良馬場での競馬。
コンゴウリキシオーの逃げ。3ハロン34.6秒、4ハロン46.1秒、5ハロン57.9秒。ちょっと遅いか、芝を考えれば平均くらいかな。直線は内がゴチャついたりしたが、4番人気サイレントプライドが抜け出し、5番人気リザーブカードの追撃をクビ差振り切った。さらにクビ差の3着に7番人気バトルバニヤン。
勝ったサイレントプライドは6ヵ月半の休み明けながら、前走ダービー卿CTに続いての重賞連勝。2番手追走から直線はよれたりしたが、最後まで伸びた。次走はマイルCSだと思うが、最近はマイル戦線ですら逃げ馬不足でペースの上がらない競馬が多いので、こういった戦法の馬は有利だ。
俺の本命2番人気マルカシェンク13着。まったく伸びず謎の大敗。敗因は分からないが、5戦連続で馬体重が減り続けというのは尋常な状態ではない。体調面が心配だね。
1番人気エイシンドーバー4着。どうせマイルCS目標だろうと印を下げたが、直線も伸びきれず。休み明けで馬体重が-8kgというのは次走に向けてどうかね。