« | »

2008.10.18

秋華賞 《Jpn1レース予想》

秋華賞のレース予想。疲れてるので手短に。


18頭中13頭がオークスに出走したメンバーという秋華賞。これだけ無事に夏を越してくるというのも珍しい気がする。目立った上がり馬がいないということもあり、桜花賞とオークスの上位陣での勝負になりそうだ。
本命◎トールポピー。前日2番人気。オークスでは他馬を吹き飛ばしながら戴冠。関係者も喜び半分の複雑なG1制覇だったろうが、ここは名誉挽回の大チャンスだ。前走ローズSは6着。スタートで出負けし、直線もかなり窮屈という厳しい状況でのものだし、+14kgだったことを考えれば、秋2戦目となるここはかなりの上積みが期待できるだろう。2歳時の競馬を持ち出すまでも無く、スピード豊かで、速い時計の決着にも対応できる。スタート五分で、直線まっすぐ走ってくれれば、かならず好勝負になるはず。
対抗○レジネッタ。前日1番人気。クイーンS2着、ローズS3着と勝ちきれない競馬を続けていることもさることながら、秋3戦目で上積みがあるのかということが心配。オークスでの不利を受けながらのしぶとい伸びは底力の証明だが、爆発力という面ではトールポピーのほうが上のような気がする。
▲エフティマイアは桜花賞、オークスともに2着。それでも前日4番人気なのは、クイーンSが5着という案外な成績だったのと、ローテーションへの不安だろう。そのうえ蛯名騎手が騎乗停止で乗り替わりとなると、人気を下げてしまってもしょうがない。もともと人気になるタイプの馬でもないしね。それでもクイーンSで+24kgと大きく体重を増やしながら、2着のレジネッタと0.1秒差だったのだから、1回叩いての効果によっては逆転の目も充分あるだろう。吉田隼人騎手がいかに乗るか注目だ。
以下、△ブラックエンブレム、△オディールあたりまでほとんど差は無いと思うが、とりあえずオークスの上位4頭の三連単ボックスを買ってきたので、明日の馬体重などを見て足したりするつもり。