Home > 10月, 2008

2008.10.26

菊花賞 《G1レース回顧と馬券結果》

菊花賞のレース回顧と馬券結果。

(さらに…)

カジノドライヴ大敗 ~BCクラシック~

10/25、米サンタアニタパーク競馬場で行なわれたブリーダーズカップクラシック(G1、1と1/4マイル)は、デットーリ騎乗のRaven’s Passが勝った。日本から遠征したカジノドライヴは最下位の12着に敗れた。(JRA
果敢に逃げたカジノドライヴは3角過ぎで失速。そのままズルズル下がって最下位12着。とくにかかっていたようにも見えなかったので、敗因は良く分からないけど、故障とかじゃないといいね。

2008.10.25

菊花賞 《Jpn1レース予想》

菊花賞の予想。なんか疲労が激しいので手短に。

(さらに…)

富士S 《重賞レース回顧》

今日も東京競馬場に行っていたので、富士Sはレース回顧だけ。

(さらに…)

2008.10.20

秋華賞でひとつ

秋華賞は回顧で書いた通りハズレ。良いレースだったけど、ちょっと残念なことも一つ。
ポルトフィーノが秋華賞を除外されて、京都10レースの清水Sに出ていたんだけど、これが非常に良い勝ちっぷりだった。1600万下だし、距離もマイルだったんだけど、秋華賞に出ていたら結構面白かったんじゃないかなぁと思わせるような素晴らしいレースだった。なんといってもエアグルーヴの仔だし、期待も大きいわけで。
G1や重賞の出走馬の決定方法については、何度も変遷を経て現在の方式になっているわけだが、まだまだ甘いよな。勝ち目のある馬、いや、勝つ意志のある陣営の馬が出れるように、決定方法を変えていくべきだ。出れれば良いとか、掲示板に載れば御の字とか、8着に入って賞金を咥えてくればOKとか、そういう馬にG1は出て欲しくない。
賞金は3着までしか出さないようにするとか、登録料をもっと上げるとか、色々方法があるはずなんだが、なかなかそっちの方向に議論が進まないようだね。本当に力のある馬が出走できるように、仕組みを考え直して欲しいものだ。

2008.10.19

秋華賞 《G1レース回顧と馬券結果》

秋華賞のレース回顧と馬券結果。

(さらに…)

府中牝馬S 《重賞レース回顧と馬券結果》

府中牝馬Sのレース回顧と馬券結果。

(さらに…)

2008.10.18

秋華賞 《Jpn1レース予想》

秋華賞のレース予想。疲れてるので手短に。

(さらに…)

デイリー杯2歳S 《重賞レース回顧》

デイリー杯2歳Sのレース回顧。
今日も東京競馬場に行っていたので回顧のみ。(馬券もハズれたしね)

(さらに…)

2008.10.14

欧米で2頭の名馬が引退

アメリカとフランスで名馬が引退した。アメリカではビッグブラウン(Big Brown)が故障のため引退。フランスではザルカヴァ(Zarkava)が繁殖に入るため引退した。
ビッグブラウン(Big Brown)は今年の米二冠馬。無敗のままケンタッキーダービー、プリークネスSを圧勝。ベルモントSは謎の大敗を喫したが、その後はハスケル招待ハンデ、モンマスSを勝ち、BCクラシックを目指して調整中だった。(NTRA
ベルモントS後はそれまでの圧勝劇とは異なる普通の勝ち方だったので、ちょっと心配していたのだけど、怪我じゃどうにもならないね。
通算8戦7勝。G1勝ちはケンタッキーダービー、プリークネスS、フロリダダービー、ハスケル招待Hの4つ。
ザルカヴァ(Zarkava)は先日の凱旋門賞を勝った3歳牝馬。その凱旋門賞をもって、現役を引退して繁殖に上がることになった。(RacingPost記事の閲覧には登録が必要)
無敗、しかもすべてのレースが2馬身差の圧勝ということで、先も楽しみだったのだが、さすがアガカーン殿下。すっぱり繁殖にあげましたな。
通算7戦7勝。G1勝ちは凱旋門賞、ヴェルメイユ賞、ディアヌ賞(仏オークス)、プールデッセデプーリッシュ(仏1000ギニー)、マルセルブーサック賞の5つ。
奇しくも欧米をそれぞれ代表する名馬の引退。どちらの馬も大変なパフォーマンスを見せつけていただけに、3歳での引退が残念だね。

2008.10.13

ブルーコンコルド南部杯快勝

10/13盛岡競馬場で行われたマイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1、ダート1600m)は、ブルーコンコルドが2着のメイショウバトラーに2馬身差を付けて勝った。1番人気におされたワイルドワンダーは3着に破れた。(NAR
勝ったブルーコンコルドはこれで7つめのJpn1勝ちとなり、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、アドマイヤドン、ディープインパクトと並ぶ偉業となった。勝ったのは下記の7つ。
5歳 JBCスプリント
6歳 東京大賞典、JBCマイル、南部杯
7歳 南部杯、かしわ記念
8歳 南部杯
中央では今年去年のフェブラリーSで2年連続2着と勝ちきれなかったが、それにしても7つのJpn1勝ちは本当に素晴らしいものだ。まだこの後、JBC、JCダート、東京大賞典と挑戦できるレースは残されており、前人未踏の8つ目のJpn1勝ちも期待したいね。

カジノドライヴ、BCに向けて視界良し

ブリーダーズカップクラシックを目標に米国遠征中のカジノドライヴ(牡3歳)が、10/12にサンタアニタパーク競馬場で行われた一般戦で勝利。25日に行われるブリーダーズカップクラシックに向けて好スタートを切った。
カジノドライヴの秋緒戦となったのは、10/12、サンタアニタパーク競馬場第8レース。ダート1と1/16マイル(1700m)の7頭立てのレース。鞍上エスピノーザ騎手だった。(サンタアニタパーク競馬場結果のページ
ストリームで見たが、道中3番手から抑えたまま上がっていき、4角で先頭に並び、最後だけちょっと追って1馬身差の勝利。本番前の一追いという感じで良かったんじゃないかな。あとは無事出走できますように。

2008.10.12

毎日王冠、京都大賞典 《重賞レース回顧と馬券結果》

毎日王冠と京都大賞典のレース回顧と馬券結果。

(さらに…)

2008.10.11

秋の東京開幕 今年第9号

今日から秋の東京開催が始まり、早速競馬場に行ってきた。写真を撮ろうと思ってたんだけど、(天気予報に反して)朝から雨だったので無し。
詳細
東京12レース3歳以上1000万円以下。三連単1-13-6で12,250円が100円的中。今年9本目の万馬券。
これのおかげでなんとか今日の収支もとんとんに。

2008.10.07

凱旋門賞

10/5、フランスロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞は3歳牝馬のザルカヴァ(Zarkava)が勝った。日本から挑戦したメイショウサムソンは10着に敗れた。
ようやくストリームで見たが、とにかくZarkavaの強さだけが際だったレースだった。
Zarkavaは父Zamindar(その父Gone West、Mr.Prospector系)の3歳牝馬。3歳牝馬による凱旋門賞制覇は26年ぶりの快挙。Zarkavaはこれで7戦7勝。無敗での凱旋門賞制覇。G1は5勝目となる。
去年の凱旋門賞2着馬ユームザインに2馬身差を付ける快勝で、なんと過去7戦すべてで、2馬身以上の差を付けて勝っている。実に底の見えない強さだ。
JCにきてくれるような馬ではないだろうが、どこまでその強さを見せ続けられるのか、楽しみな馬だね。

Next »