« | »

2008.07.27

函館記念 《重賞レース回顧と馬券結果》

函館記念のレース回顧と馬券結果。


函館記念
詳細

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 4 トーセンキャプテン 牡4 56.0 藤岡佑介 2:00.3 498 +2 4
2 11 フィールドベアー 牡5 57.0 秋山真一郎 2:00.3 ハナ 498 0 1
3 2 マンハッタンスカイ 牡4 56.0 四位洋文 2:00.4 3/4 536 +4 2
4 14 エリモハリアー せん8 57.5 武幸四郎 2:00.4 ハナ 450 -10 6
5 7 マヤノライジン 牡7 56.0 藤田伸二 2:00.6 1 484 -4 5

◎7マヤノライジン 5番人気 5着
○2マンハッタンスカイ 2番人気 3着
▲11フィールドベアー 1番人気 2着
△4トーセンキャプテン 4番人気 1着
△8ピサノパテック 3番人気 6着
メイショウレガーロの逃げ。1000m59.0秒。函館は時計がかかるので、これくらいでも平均ペースくらいかな。直線は大激戦。中団から内を突いた4番人気トーセンキャプテンが1番人気フィールドベアーの猛追をハナ差おさえて勝利。1秒差内に12頭入る激戦だった。
勝ったトーセンキャプテンはアーリントンC以来の重賞制覇。3歳時には無傷の3連勝でアーリントンCを勝ったが、その後骨折で14ヶ月の休養。復帰後は4、5、7、4着ともう一つな競馬を続けていたが、ようやく復活となった。気性に問題があるようで、今日も行き脚が付かずに中団から。道中から3、4角はぴったりインを回って、上手く開いた内を突いた。藤岡君の好騎乗だった。3歳の頃にはクラシック級と言われた馬で、秋も楽しみだね。
俺の本命5番人気マヤノライジン5着。中団後方、勝ち馬より後ろから。4角では外を回って5着まで。位置取りもダメだったが、さらに外を回っては届かない。藤田君はもうちょっと頑張らないと、若手にドンドン置いてかれちゃうね。
さて新しい試みとして、一部重賞出走予定馬の「調教後の馬体重」というのが発表されているが、レース前計量(正式なほう)との違いを見てみよう。
エリモハリアー 458→450
コーナーストーン 484→488
コンラッド 514→504
センカク 480→476
タスカータソルテ 454→454
トウショウシロッコ 482→488
トーセンキャプテン 496→498
ピサノパテック 502→496
フィールドベアー 500→498
ブレーヴハート 524→522
マヤノライジン 490→484
マンハッタンスカイ 534→536
ミストラルクルーズ 504→486
メイショウレガーロ 460→460
馬名、調教後の馬体重→正式な馬体重、の順番になっているが、そんなに違いは無いね。ミストラルクルーズが調教後の馬体重から18kgほど減っているが、これは504kgでは太すぎるということでおそらく調教後に絞ったのだろう。(多分ね)。そういったことがない限りは、大体調教後の馬体重で参考にして良いんじゃないかな?。夏の4レースだけじゃなくて、その後も続けて欲しいものだ。