« | »

2008.07.13

プロキオンS、七夕賞 《重賞レース回顧と馬券結果》と、今年第8号

プロキオンSと七夕賞のレース回顧と馬券結果と今年第8号の万馬券。


詳細
プロキオンS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 11 ヴァンクルタテヤマ 牡6 56.0 赤木高太郎 1:22.0 432 -8 7
2 12 ワイルドワンダー 牡6 57.0 岩田康誠 1:22.2 1 454 -4 1
3 7 サンライズバッカス 牡6 58.0 佐藤哲三 1:22.3 3/4 488 +2 4
4 8 バンブーエール 牡5 56.0 浜中俊 1:22.5 1 480 +16 11
5 2 シルクビッグタイム 牡3 53.0 福永祐一 1:22.5 クビ 492 0 3

◎3ゼンノパルテノン 2番人気 9着
○12ワイルドワンダー 1番人気 2着
▲13リミットレスビッド 6番人気 6着
△2シルクビックタイム 3番人気 5着
△5ラインドライブ 9番人気 8着
14ヶ月ぶりのバンブーエールが逃げ。3ハロン34.6秒、4ハロン46.4秒。ちょいハイペース。直線、逃げるバンブーエールをかわして7番人気のヴァンクルタテヤマが先頭に。外から猛追した1番人気ワイルドワンダーに1馬身の差をつけて快勝。3着に4番人気サンライズバッカス。
ヴァンクルタテヤマは重賞初制覇。前走のオープンで良い競馬をしていたが、今回は相手関係も強力になったなか、素晴らしい走りを見せた。先行して、直線抜け出して、後続を完封。ペースもそれなりに速かったし、力がなくてはなかなかなこういう勝ち方は出来ない。赤木騎手の乗り方も完璧だったね。
1番人気ワイルドワンダー2着。後方から猛然と追い込んだが届かず。切れるイメージが強いけど、実際はそんなに切れる馬ではないんだよね。もうちょっと中団で競馬が出来ないと厳しい。
俺の本命ゼンノパルテノン9着。スタートで出負けして、中団後方から。直線もまったく伸びず。1400m戦で出負けしちゃあ無理だね。
七夕賞

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 9 ミヤビランベリ 牡5 53.0 吉田豊 1:59.8 494 0 7
2 11 ミストラルクルーズ 牡5 53.0 柴田善臣 1:59.9 3/4 490 -8 11
3 7 マイネルキッツ 牡5 54.0 後藤浩輝 1:59.9 ハナ 492 +8 3
4 10 キャプテンベガ 牡5 55.0 吉田隼人 2:00.1 1 1/2 450 +8 2
5 2 ヴィータローザ 牡8 56.0 蛯名正義 2:00.1 アタマ 466 -18 9

◎9ミヤビランベリ 7番人気 1着
○12カネトシツヨシオー 1番人気 6着
▲8グラスボンバー 4番人気 7着
△5アルコセニョーラ 6番人気 12着
△7マイネルキッソ 3番人気 3着
逃げたのはミヤビランベリ。1000m60.3秒。スローペース。各馬荒れた内側を避けて、外を回って直線へ。7番人気ミヤビランベリがそのまま粘って逃げ切り勝ち。激しい2着争いは11番人気ミストラルクルーズが3番人気マイネルキッソをハナ差かわして、馬連は波乱となった。
ミヤビランベリから総流ししていたので、馬連9-11が100円的中。21,570円。今年8本目の万馬券。
勝ったミヤビランベリはまだ条件馬だったが、重賞初制覇となった。前走の1600万下で惨敗して人気を落としていたが、それまでは割と堅実な競馬をしていた。今回はアクティブアクトが競ってきそうだったんだけど、抑えたので、楽なペースになったのが勝因だろう。
こうして逃げ馬を気分良く逃がしてそのまま勝っちゃうことが、どれだけ競馬にとってマイナスかということを、乗ってる騎手たちは理解してるのかね?。当たった人は良いんだろうけど、ハズれた人には競馬そのものの面白ささえも与えられないわけだということをね。競りかけもせず、呆然と逃がしちゃった騎手たちには猛省を願いたいけど、そうもいかないのかねぇ。やっぱり賞金は1、2着にしか出ないようにすべきだと思う。そうすれば掲示板狙いなんていう腑抜けた騎乗がなくなると思うんだよね。