« | »

2008.06.07

安田記念 《G1レース予想》

安田記念のG1レース予想。


毎年毎年難しい安田記念だが、今年は一層難解なレースになっている。ポイントは4つだ。
1.ウオッカの取捨
2.スズカフェニックスの取捨
3.外国馬の評価
4.馬場状態
4の馬場状態は毎週のことなので、もう気にしないことにしよう。どうやら天気占いでは明日は曇時々雨らしい。だがあくまで占いレベルでしかなく、この時点で明日のレースの馬場状態を予測することは不可能だ。気にしていては予想が出来ない。
1のウオッカの取捨。前日3番人気。取捨といっても、まったく捨てることは難しいだろう。2着に敗れたとはいえ、前走のヴィクトリアマイルの脚は素晴らしく、復活の香りがしてくるようなレース振りだった。さてこれはスズカフェニックスも同じ話だが、例によって今回も逃げ馬はいない。ヴィクトリアマイル同様にピンクカメオがいくかもしれないが、どの馬がいってもスローペースは確実だ。(マイルのG1なのに逃げ馬がいないという恐ろしい事実についてはここでは語るまい)。ウオッカはその切れ味が身上の馬。中団後方から伸びてくる展開になると思うが、遅いペース、内枠で包まれでもしようものなら、末脚が不発に終わる可能性も否定できない。突き抜ければ勝てる力は充分にあると思うが、展開なども考慮してここでは3番手評価▲に留めておく。
2のスズカフェニックス取捨。前日2番人気。この馬の場合はウオッカ以上に末脚オンリーなところがあり、ペースの影響が大きい。17番枠ということもあり、隣のドリームジャーニーとともに最後方からということになるだろうが、ペースが落ち着いてしまえば届かないということになる。さらに1600mは2-1-3-2という成績が示すように、取りこぼしが多い。本質的にはスプリンターだろう。展開と距離から考えると、連穴△評価までとしたい。
3の外国馬についてだが、今年来日した3頭の中ではグッドババの評価が高い。前日4番人気だ。2つの国際G1を含む5連勝中で、国際的な評価も高い名マイラーだ。去年の安田記念にも出走して7番人気7着と見せ場も無く終わったが、その後の快進撃を考えれば無視できない存在だ。だが、外国馬のことは結局分からないので、△までとしておこう。来ちゃったらしょうがないな。あとの2頭はノーマークで。一昨年の覇者ブリッシュラックは来ないように祈ろう。
ということで、俺の本命は去年に引き続いて◎エアシェイディ。前日6番人気。去年は立ち遅れた挙句、強引に3角から仕掛けて16着に敗れたが、あくまで不慮の事故みたいなもの。今年は後藤騎手だし、上手いことスタートを切ってくれることを期待したい。東京コースは10戦4勝、2着4回と適正も高い。休み明けだが鉄砲も利くし、ここは最大のチャンスだ。
相手は○スーパーホーネット。前日1番人気。前哨戦の京王杯SCを快勝。今もっとも好調といっていい馬だろう。強いて言えば、減り続けている馬体が心配だが、減っていなければ問題は無いだろう。悲願のG1制覇なるか。
そのほかは前述の通り、▲ウオッカ、△スズカフェニックス、△グッドババという感じ。
人気薄めからなので、かなり幅広く流すことになりそう。三連単は危険なので、馬連中心でいくことになるだろう。ここのところ穴馬が来がちなG1戦線だが、このレースも波乱が充分にありえるよね。穴っぽいところだと、ブリッシュラック、オーシャンエイプス、ドリームジャーニー、ジョリーダンスあたりまで怪しい。