« | »

2008.06.01

東京優駿(ダービー) 《Jpn1レース回顧と馬券結果》と今年第4号

東京優駿(ダービー)のレース回顧と馬券結果と今年第4号の万馬券。


まずは馬券の回顧。
東京優駿(ダービー)
詳細
こちらが昨日競馬場で買った馬券(の1枚)。馬連1-7で13,270円が200円的中。今年4本目の万馬券。皐月賞に続いてのゲットで、こりゃ格別に嬉しいね。印的にはアレなんだけど。
詳細
そしてこっちは見辛いが、今日中継を見ながら足した馬券。ディープスカイを頭にした三連単(レインボーペガサスが3着に来てれば…)と、スマイルジャックからのワイド総流しと、レインボーペガサスからの馬連総流し。ワイド1-7で3,920円、3-7で5,680円がそれぞれ100円づつ的中。スマイルジャック様様だな。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 1 ディープスカイ 牡3 57.0 四位洋文 2:26.7 514 +6 1
2 7 スマイルジャック 牡3 57.0 小牧太 2:26.9 1 1/2 472 0 12
3 3 ブラックシェル 牡3 57.0 武豊 2:27.0 3/4 526 0 6
4 9 マイネルチャールズ 牡3 57.0 松岡正海 2:27.1 クビ 454 +4 2
5 10 レインボーペガサス 牡3 57.0 安藤勝己 2:27.1 クビ 484 +4 5

◎17ショウナンアルバ 8番人気 12着
○10レインボーペガサス 5番人気 5着
▲7スマイルジャック 12番人気 2着
△1ディープスカイ 1番人気 1着
△4タケミカヅチ 7番人気 11着
果敢に逃げたのはレッツゴーキリシマ。1000m60.8秒の平均ペースくらい。3、4コーナーではかなり後続と離れて、レッツゴーキリシマが先頭のまま直線へ。200mを切った辺りで3番手から伸びたスマイルジャックが先頭に立ったが、大外から1番人気ディープスカイがぐんぐん伸びて、1馬身半の差をつけて快勝。激しい3着争いはブラックシェルがマイネルチャールズをクビ差おさえた。
勝ったディープスカイは本当に見事な勝利だった。パドックが非常によく見えて、最後に三連単の頭で買い足したほどの出来だった。道中は後方4、5番手追走。直線は大外を回ってよく追い込んで、ゴール前できっちりスマイルジャックをかわした。よっぽど馬の力が離れていなければ届かない乗り方で、この世代の中でのまさに頂点と言うべき馬だと思う。この世代のレベルはまだ分からないが、とにかく無事に秋を迎えて欲しいもの。キングカメハメハは3歳秋に故障してしまったが、この馬も無事なら菊花賞なり、天皇賞(秋)なり、大きいところを狙えるだろう。
2着に12番人気スマイルジャックで、またしても大波乱。そして俺的には、本当によく来てくれたと感謝感激だ。道中は3番手。直線入って先行2頭をかわして先頭に立ったときには勝ったかと思わせたが、最後は勝ち馬の決め手が上だった。それにしても良い競馬をした。小牧騎手の乗り方も最高だった。秋も頑張ってほしい馬だ。
3着に6番人気ブラックシェル。道中は中団後方。最後の直線は馬群を縫ってよく上がってきたが、ちょっと窮屈だったか。3着なら立派な結果だったと言って良いだろう。
4着に2番人気マイネルチャールズ。中団から。直線ではちょっと前をカットされたように見えたが、最後は伸び切れなかった。切れる脚があるわけではないので、結果としてはもうちょっと前につけていきたいところだった。
5着に5番人気レインボーペガサス。この馬が3着に着てくれたら18万馬券だったんだけどなぁ。あれ?皐月賞でも同じことを言っていたような記憶が。向こう上面でちょっとかかったような感じで、それが最後の伸びを欠いた原因ということになるのだろう。ただ、見せ場充分だったし、良い競馬だったと言って良いのかもしれない。
俺の本命ショウナンアルバ12着。やっぱり外枠が応えたか、後方5、6番手追走。見せ場も無く惨敗。後方からになってしまうと勝機が無いことは分かっていたはずなんだけど、こうなっちゃうかぁ。まぁしょうがないかな。
本命も対抗も来なかったんだけど、馬券の買い方が良かったかな。ダービーと有馬記念は競馬ファンにとっても特別なレース。とにかく当たってよかったわ。